彼女を依存させる・彼女に依存する男:特徴や方法を紹介!

Saras編集部
公開, 更新 , 男性の恋愛心理

恋人を自分に依存させるというのはそう簡単な事ではありません。互いの信頼関係が成り立っていなければ相手に依存する事は出来ないですし、飴と鞭を使い分けて接するのも大事なことです。

そこで、恋人に一体どういう態度で接していれば依存してもらえるのか、彼女に依存する男性の特徴をまとめてみました。

大好きな彼女を依存させる6つの方法

自分に自信を持つ

まずは自分に自信を持つことが大事。誰だって、いつもネガティブで暗い性格の人と一緒にいたいとは思いません。

自身があるだけで、頼り甲斐を感じられ、男らしさを感じるものです。まずは心の底から女性に「ずっと一緒にいたい」と思われるような男性を目指しましょう。

自己中心的になって振り回す

これは、恋愛ゲーム等で言われる俺様キャラを想像すると分かりやすいです。自分が主導権を握り、相手を自由に振り回すという方法。

しかし、ずっと相手を振り回しているとただの我儘になってしまうので、加減を見極めることが大事です。

時には優しく思いやりある行動を取るなど、ギャップを見せると効果的。自分だけを特別扱いしてくれている、と相手に感じさせる事になります。それが相手が依存しやすいきっかけになるのです。

時には怒る

人は他人から怒られると印象に残りやすいもの。怒りというのは、自分の気持ちを最も表せる感情です。

しかし、理不尽な理由で怒るのは絶対NG。相手に非がある場合に怒るようにしましょう。そうすることで、女性も自分のために怒ってくれているという感覚になり、相手に依存するようになる傾向があります。

会うときは愛想よく、離れてる時は素っ気なくする

カップルでも毎日ラブラブなやり取りをしている人達もいますが、そういう関係はあまり長続きしないことが多い傾向にあります。

最初に燃え上がり過ぎてしまうと、次第にその熱も冷めてしまい、ちょっとした事で大喧嘩したり関係が修復不可能な所までいってしまうからです。

そうならないためには、いい距離感を保つことが大切。会っている間は愛想よく接し、帰宅してからのメール等のやり取りは少し素っ気なくするくらいがちょうどいいでしょう。

わざと意地悪をする必要はありませんが、自分のプライベートも大切にできることが大切です。

喜怒哀楽の感情表現を激しくする

依存関係になりやすい恋人同士・カップルの共通点は、ヤンデレやメンヘラのように感情の上下の幅が広いという特徴があるそうです。

自分の素直な心境をアピールし、ぶつけることはお互いにストレスを感じることなく一緒にいるためには、大切なことなのかもしれません。より魅力を感じてもらうためにも、思っていることはお互いにぶつけ合い、乗り越えていくことが大切なのかも。

たくさんセックスをする

カップルにとってセックスは、ただの性的な快感を得るためのものではありません。大切なコミュニケーションツールでもあるのです。

セックスをすることで、相手をより大切な存在に感じたことや、いつも以上に愛おしく感じたことがあるはず。お互いにいい関係を続けていくためにもセックスはとても大事なのです。

彼女に依存する男の特徴

仕事や他のことができない

一生懸命仕事をしているときの男性は女性から見ると輝いていて、素敵に見えます。反対に、彼女のことで頭がいっぱいで仕事が疎かになっているような男性は危険です。

仕事とプライベートをしっかり分けてできる男性なのか見極める必要があります。

過剰に嫉妬する

最初のうちは、彼氏のちょっとした嫉妬も「やきもち妬いてくれているんだ」と嬉しく思うかもしれませんが、会社の飲み会や女友達との約束に対して「別に好きな男がいるんじゃないか?」「本当に女友達なのか?」なんて疑われたりしたらうんざりします。

相手のことが信じられない人だと、この先もずっと苦しむことになるかも。

常に束縛する

彼女と一時も離れているのが嫌だという男性は、彼女の予定をいつも把握しておかないと心配になってしまい、「何時までに帰るように」などと勝手にルールを決めたり、可能な限り一緒に居たがります。

こういう男性は、自分はこんなにも彼女を愛しているんだからと、特に束縛している自覚はなく、恋人として当たり前の行動だと思い込んでしまうので厄介です。

優柔不断で自分の意見を言わない

いつも彼女の顔色や様子を伺い、嫌われたくないから自分の意見は言わず、デートのスケジュールなどはみんな彼女任せになってしまう男性は要注意です。

たまにはいいかも知れませんが、毎回となると、とても頼りなく感じてしまいます。

何をしても依存させられない場合は

Omiai世の中には、依存する女性と依存しない女性がいます。依存しない女性に対して、自分に依存してもらえるようにろいろ努力をしても依存はしてもらえないですし、むしろうざがられてしまうことも。

そんなときはあなた自身が依存してもらうことを諦めるか、もしくは依存してくれる女性を探すしかありません。

自分の気持ちを押し殺して付き合い続けることは、とてもストレスを感じます。そのため、新たに依存してくれるような女性を探すことを選択肢に入れるべきかもしれません。

「そんな女性を探すのも大変だ。」と思う人も多いでしょう。そんなときにおすすめなのが、マッチングアプリのomiaiです。

300万人の会員の中から自分の理想に合った相手を探すことができます。検索機能では、年齢や住んでいるところだけでなく、こだわり条件も設定できるので、依存しやすい人を見つけられるかもしれません。

女性は無料で利用できるので、試しに利用してみては。

Omiaiで理想の相手を見つける

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

こじらせ男子の特徴7選:NG行動やアプローチ法も!

「こじらせ女子」という言葉が流行しましたが、実は「...

2019年07月24日, 男性の恋愛心理

女性に苦手意識のある男性を射止める方法:トラウマを解消する

男性同士だと平気でしゃべるのに、女性を前にすると緊...

2019年08月27日, 男性の恋愛心理

ストーカー予備軍?!貢ぐ男の特徴と恋愛傾向7つ

やたらとモノをくれたり、ご飯をおごってくれたりする...

2019年07月23日, 男性の恋愛心理