彼氏が好きな人にだけ行う愛情表現:単純に見えて意外と複雑?

Saras編集部
公開, 更新 , 男性の恋愛心理

わかりにくくてなかなか気づいてあげれない彼氏の愛情表現。男性の愛情表現はとっても複雑で、気付かない女性も多いです。

彼が常に愛情表現をしていたとしても、それに気付かずに不安になったり、理解できず、喧嘩に発展することもあります。男性の心理について理解して、彼氏の愛情表現を誤解なく受け取れるようになりましょう。

彼氏の愛情表現が減った!なくなった!足りない!と思っている人も、もしかしたらあなたが気づいていないだけで、実は彼なりに一生懸命あなたに愛を伝えているのかもしれません。

彼氏が愛してる女性だけに行う8つの愛情表現

言葉より物や行動で愛を表現する

男性は愛情表現をするとき、「好き」や「愛してる」という言葉ではなく、物や行動で表現することが多い傾向が。

女性は小さなことの積み重ねで愛情を表現する一方、男性はプレゼントをあげたり、物理的なことで愛情を示します。デートのときにお金を多めに出してくれたりするのも、愛情表現のひとつです。当たり前に思わず、感謝の気持ちを伝えましょう。

知り合いに彼女だと紹介する

シャイな彼氏の愛情表現は、なかなか気付きにくいのが難点です。シャイなので、2人きりでいるのさえも恥ずかしい彼は、自分の友達や会社の同僚と一緒に遊ぶなんてこともあるはず。

2人きりのデートがあまりないと不安に感じる人も中にはいるかもしれませんが、彼の友達や会社の同僚たちに紹介してもらえるというのは、あなたとの関係を真剣に考えているという証拠です。

彼女ができて嬉しい気持ちを、人に自慢したい場合もあるので、2人の時間をとれないからといってあまり嫌な顔をせず対応しましょう。

話を聞いてないようで覚えている

彼女が言ったほんの些細な忘れてしまうようなことでも、実は彼氏は覚えていることが多いです。

スマホを見ていたりゲームをしていたり、簡単な相づちはうつものの話を聞いているのかわからない彼。本当に大切な話の時にそれをされるとイライラしますが、あまり反応がなくても実はしっかり聞いているそうです。

サプライズで行きたいと言っていた場所に連れて行ってくれたり、欲しいものを覚えていてプレゼントしてくれたり、話を聞いていないようで聞いているのも愛情表現のひとつなんだそう。

彼女のことを優先してくれる

何気ないと言ってしまえば何気ないことなのかもしれませんが、何かをしたり決めたりする時に、いつもあなたを優先してくれるのは彼の愛情表現です。そんなの当たり前だと思う女性は多いかもしれませんが、それは間違い。

人間は、誰でも自分がかわいいです。そのかわいい自分を犠牲にしてでも優先するのはあなたのことを愛しているからでしょう。

自分に意見を聞いてくるなんて優柔不断などと思うのではなく、自分の意見を尊重してくれるという考えを持つようにしてみて。

いつも助けてくれる

いくらわかりにくいとはいえ、ストレートな愛情表現をしてくれることもあります。

男性は頼られたいという願望があります。高いところのものを取れなくて困っていたら取ってくれたり、彼女が困っているとさりげなく助けてくれたり、わからないことがあれば教えてくれたりするのは、ごく自然でストレートな愛情表現です。

何も言わなくても助けてくれるのは、あなたのことを愛しているから。結婚しても、そんな気配りができる人は素敵です。

体に触れてくる

話をしている途中なのに男性が体に触れてくるのは、何もいやらしい意味合いだけではありません。体を触れることで安心させようという男性の愛情表現の1つです。

男性のボディタッチと愛情とは深い関わりがあり、誰にでも好かれようとボディタッチをする人とは違います。

彼は触れることで、あなたのことを安心させたいと考えているのです。つまり、ボディータッチは男性なりのストレートな愛情表現と言えます。

シンプルに「好き」だと言う

中々面と向かって「好き」や「愛している」という言葉を口にする男性は少ないですが、たまに言ってくれるシンプルな「好き」はすごく嬉しい愛情表現。

それだけで1日ハッピーに過ごせます。もしあなたがそういった言葉を言ってもらえたなら、深く愛されているのだと受け取って良いでしょう。

今まであまりなかった「好き」という言葉が増えたということは、プライドの高い男性にとって大きな進歩。そうした愛の言葉をしっかりと受け止めていれば、彼も恥ずかしさがだんだん減って、もっと回数が増えるかもしれません。

喧嘩をしても先に謝ってくれる

付き合っていればケンカをすることもあるでしょう。そんなときに男性の方から謝ってくるのも愛情です。喧嘩状態を長引かせたくないという思いからの行動だと言えます。

男性はプライドが高い生き物です。それでも喧嘩して先に謝ってくれるような彼氏であれば、あなたに惚れているのは間違いありません。

女性が彼氏に求める愛情表現5つ

尊重し、尊敬してくれる

彼女のことを1人の人間として見て、努力したことに対しては褒めてくれるそんな男性を女性は求めています。

褒められたいなと思っていることに対して、適格に褒めてくれるのはとてもうれしいことです。その関係性が続くことで、2人の信頼関係が深まっていきます。

女性は変化に気づいてくれることに愛情を感じるので、髪型を変えたり、メイクを変えたときに気づいてもらえないと愛情を受けていないと感じてしまう原因になることも。

いつでも優しく丁寧に扱ってくれる

どんな些細なことでも、ドアを開けてくれたり車道側を歩いてくれるなど、女性として丁寧に扱ってくれることで女性はうれしく思います。

どんなに長く付き合っていても、女性はいつまでも女の子として扱ってほしいのです。そんな女性の要望に応えられる男性こそ、長続きできるカップルだといえるでしょう。

優しいスキンシップをしてくれる

ぎゅっと抱きしめてくれたり、頭をポンポンとしてくれるなど、女性はそんな簡単なスキンシップでも十分嬉しいと感じます。

いやらしさのない、ただのボディタッチをされるだけで、男性が心からスキンシップを図ろうとしていると分かる女性も。

ボディタッチが足りないと、自分に興味がなくなってしまったのかと心配になってしまう女性もいるため、ボディタッチは恋人との間に欠かせない要素のひとつです。

好みを覚えていてくれる

自分の好みの食べ物、洋服などの好みをきちんと分かっていると、この人に愛されてるな~と感じます。

デートで彼女好みのオーダーが出来たら、その彼の株は急上昇。「コーヒーはミルクだけでいいよね」や「ココアだったらホイップは抜きだよね」と、こと細かく知ってもらっているだけでポイントアップになります。

容姿を素直に褒めてくれる

女ですから、やっぱり見た目を評価してもらうととてもうれしいです。大好きな彼氏には、やっぱりストレートに容姿を褒めてほしいというのは、女性の本音。

たとえ前髪をほんの少し切っただけでも、その変化に気づいてくれたら、「私のこと普段から見ていてくれてるんだな~」と、愛情を感じます。

彼氏の愛情表現が減った理由と心理

恥ずかしい

「恥ずかしい。」これが1番の理由だと考えられます。

付き合い始めの頃は、お互いに気持ちが舞い上がっているときのため、「大好き」「愛してる」の言葉は、恥ずかしさを感じつつも、言えていたかもしれませんが、付き合いが長くなれば「好きだよ」「愛している」という言葉を直接言うのは恥ずかしいもの。

そもそも使うようなシチュエーションが減ってしまっているのかもしれません。

最近そのような言葉を言ってもらえていないのであれば、言いたくても言えない可能性が高いでしょう。たまにはあなたから「好きだよ」と言ってみては。

男女の考え方が違う

女性は愛情を言葉で表現してほしいと思いますが、男性は態度で示そうとします。まずそこに愛情表現の違いがあるのかもしれません。

女性からすれば「どうして好きだと言ってくれないの?」と思いますが、男性は「なぜ態度から好きだと理解してくれないんだ」と考えています。

言葉だけではなく、彼氏の行動を改めて観察してみましょう。実はあなたのために行なってくれている愛情表現が行動の所々に見えるかもしれません。

プライドが邪魔をする

好きだけど、言葉に出して言うことはしないという男性も多いようです。

「信頼しているんだから彼女にも伝わっているだろう」と思ったり、またドラマや映画の中のような歯の浮くようなセリフは俺のプライドが許さないと思ってしまうこともあります。

気持ちはあるけど、それを言葉で表現するのは男性にとって難しいことなのかも。

彼氏の愛情表現が下手だと思う4つの瞬間

1人で決めてしまう

男性が何事も1人で決めてしまうのは、誰かに相談せずにひとりでやって結果を出したことを、好きな相手に認めて欲しいと思っているからです。

しかし、女性は男性が自分に何も相談してくれないことに対して寂しく感じたり、頼りにされてないと思ってしまいます。男性からするとあなたへの愛情表現のはずが、彼女はそれに気づかないので、お互いがガッカリする結果になってしまうかもしれません。

男性は一人で相談せずに行動したとしても、それはあなたに認めてもらいたいと思ってとった行動だと思えば、彼のことが可愛く思えてきませんか?少し様子を見守ってあげましょう。

黙りこんでしまう

ケンカをしたときに男性は黙ってしまうことがありますが、これも男性にとっては愛情表現の1つのようです。

男性は喧嘩がエスカレートすると、心拍数が上がり血の流れが一気に早くなってしまい冷静な判断ができにくくなるそうです。その結果、攻撃的な態度になることがあると研究からわかっています。

黙ることで、自分を落ち着けて大切なあなたを傷つけないようにしたり、感情的になってしまった女性の感情を黙って受け止めることも愛情の1つだと思っているんだとか。

悲しんでいるとき、あえて1人にする

あなたが仕事がうまくいかなかったり、プライベートで失敗したりしたときに、わざと1人にさせることがあります。

「女性からすれば愛してないの?」と思ってしまう行動も男性からすれば、あなたを思っての愛情表現のうちの一つで、無関心なわけではありません。喧嘩の原因になってしまうこともある、下手な愛情表現です。

彼女の相談に本気でアドバイス

男性は愛している女性を守ってあげたいと思うものです。なので彼女が相談してきたとき、真剣に答えてあげないとと思うあまり、厳しめのアドバイスをしてくることも。

彼女の将来を心配したり、彼女を思っての行動なのですが、彼女からしてみれば、なんでつらいときにそんな厳しいこというの?と逆にうざったい対応になってしまうことも。

大切に思っているからこその愛情表現だということを伝えて欲しいものですが、彼の気持ちにも気付いてあげましょう。

彼氏の愛情表現が足りない、なくなったときの対処法

気付いてあげることも大切

彼氏の愛情表現がないと悩んでいる女性はきっと、彼の愛情表現に気付いていないだけ。

女性からすれば男性には、わかりやすく「好き」や「愛してる」とわかりやすく愛情表現して欲しいかもしれませんが、それができる人とできない人がいますし、大抵の男性は言葉より行動で愛情表現することが多いです。

その愛情表現に女性が気付きにくいのも事実。まずどんな些細なことでもいいので愛情表現に気付き、嬉しい気持ちや感謝の気持ちを伝えましょう。気付いてくれたことに彼も喜びます。

ちゃんと好きな気持ちを伝える

彼氏の愛情表現がないと悩んでいるのなら、それをしっかり彼に伝えてみましょう。きっと彼は愛情表現をしているつもりなので、伝わっていないことにびっくりし、落胆してしまうかも。

そのため、こういう時はこうして欲しいという希望を伝えましょう。愛があるなら、彼もその希望に応えてくれます。

不安な気持ちは伝えて、希望もしっかり伝えましょう。できれば喧嘩をした時に大爆発しないように気付いたときに、その都度伝えてみて。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

ヤリ目男性を本気にさせる方法5つ:余裕のある女性に弱い?

あなたの周りに、ヤリちんとまで言われてしまうような...

2019年07月24日, 男性の恋愛心理

釣った魚に餌をやらない男性心理・対処法まとめ:尽くしすぎないことが大切!

付き合う前は積極的にアプローチをしてくれたり、甘い...

2019年08月27日, 男性の恋愛心理

男子に人気の若手女優は?「彼女にしたい」と人気の芸能人7人をピックアップ!

毎年発表される「恋人にしたい芸能人ランキング」(1...

2019年08月29日, 男性の恋愛心理