葬儀屋が出会う方法6選:出会いの機会を大幅に増やそう

葬儀屋が出会う方法6選:出会いの機会を大幅に増やそう

Saras編集部
公開, 更新 , 出会い

葬儀屋は仕事時間が不定期になりがちなため、出会いが少ない職業と言われています。さらに、何かと気苦労も多いため葬儀屋として働く人は、恋活や婚活に割く労力も奪われがちです。

もしあなたの周りに出会いの機会が無いなら、以下の6つの方法がおすすめ。確かに葬儀屋は出会いの少ない職業ですが、方法のよっては出会いの機会を大幅に増やせます。ぜひ試してみてください。

ブライダル業界で探す

葬儀業界で良い相手が見つからないなら、発想を変えてみましょう。例えば、ブライダル業界で相手を探す方法があります。

一見全く違う職種のように思えますが、実はブライダル業界も勤務時間が不定期な業界として知られています。もし恋人関係を築けたら、お互いの職業に理解が得られるはず。そのため、関係は意外とうまくいく可能性が高いのがポイント。

しかも、ブライダル業界では職員に華やかなイメージが求められます。ブライダル業界には、悪いルックスの人はほとんどいません。

知り合う機会は、人脈を頼って作りましょう。結婚式を挙げたカップルはブライダル会社を利用している可能性が高いため、既婚者も頼ってみましょう。

僧侶と結婚できるかも

葬儀といえば、日本人の大半は仏式で済ませるはずです。仏式の葬儀はお寺の僧侶を招いて行うため、葬儀社の職員はお寺の僧侶と知り合う機会が一般の人以上にあります。

僧侶をパートナーに選ぶ最大のメリットは、経済的な安定がある点です。僧侶は檀家からの収入に加え、非課税対象となる収入が多く設定されているため、お金にはほとんど困りません。また、霊園経営などの副業で成功している僧侶も多く存在します。

資産家の人と結婚したい人にとって僧侶は1つの可能性になり得ます。僧侶としても、葬儀屋のパートナーができることは頼もしい限りです。

年配の人に話を聞いてみる

葬儀場では年配の人と会う機会が多いです。職務として応対するあなたは、きっと無意識のうちに年配の人に好かれる振る舞いを身につけているはず。そこで、年配の人の人脈を使って出会いを探す方法が使えます。

年配の人と知り合う場所として、まず近所づきあいが挙げられます。公園や公民館、あるいは病院の待合室など様々なところで年配の人と仲良くなりましょう。将棋など、コミニュケーションをとりやすい趣味を始める方法もおすすめ。

世の年配の人は話好きの人が多いです。きっと熱心にあなたの話を聞いてくれます。面倒見たがりな人も多いため、相談にも乗ってくれることでしょう。

街コンに出席する

葬儀は誰もが経験する社会イベントです。そのため、誰にとっても葬儀は興味がある出来事です。葬儀屋として働く人は、葬儀にまつわる興味深い裏話をいくつも知っているはず。

もし業界のちょっとした秘密を知っているならば、婚活パーティーに出席して面白い話をしてあげましょう。きっと異性の興味をひけます。特に冠婚葬祭に出席する機会の多いビジネスマンやOLには受けがいい話題です。

また、最近では婚活パーティーも多様化しており、寺で行われる寺コンというものもあります。葬儀を連想させる場はまさにあなたの独壇場なので、おすすめです。目当ての異性にうまくあなたを印象づけてください。

街コンMAPで探す

在宅ワーカーを狙う

仕事時間が不定期で出会いがないということは、たとえ結婚しても一緒にいられる時間が少ないことを意味します。夫婦2人とも外に働きに出る場合は、共に過ごせる時間はさらに少なくなるでしょう。

そこで、家にいる機会が多い異性に対象をしぼってパートナーを探す方法があります。在宅ワーカーは1日中家にいることも多いため、あなたの代わりに家を守ってくれます。

在宅ワーカーと知り合うためには、交流会に出席する方法がおすすめ。その際は在宅ワーカーの交流会を選びましょう。在宅ワーカーは会社勤めの人に比べ数が少ないため、普通の業種交流会では見つからない可能性があるためです。

在宅ワーカーどうしの交流会に出席するためには、あなたも在宅ワーカーになる必要があります。そのため、クラウドソーシングサイトの仕事をほんのわずかでもこなしておいてください。在宅ワーカーには明確な定義は無いため、どんな稼ぎ方でも自称できます。

マッチングアプリを使う

マッチングアプリとは、出会いを求める男女がネット上でやり取りをし、お互いに気に入ればリアルで会うことができるアプリのことです。

住んでいる場所や相手の職業などの希望条件をもとに、自分の好みにあった相手を自動で探せるのがポイント。

Omiaiは、国内最大級のマッチングアプリで累計300万人以上の男女が登録しています。登録して少しでも出会いの確率を上げましょう。

Omiaiで理想の相手を見つける

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

管理栄養士が出会う方法5選:家庭的な面をアピールしよう

管理栄養士は女性が多く、また誰かと一緒に働く機会も...

2019年07月24日, 出会い

自分のことを好きな人を見分ける方法10選:当てはまるものがあるかチェックしよう!

自分に好意をもってくれている人がいると聞くと嬉しい...

2019年07月23日, 出会い

SNSで素敵な出会いを見つけるコツ:SNSから付き合うって実際どうなの?

友人から「今の恋人とSNSで出会った」と聞いたら、...

2019年08月27日, 出会い