政治家・議員に独身が多い理由・結婚できない理由:恋愛をタブー視!?

Saras編集部
公開, 更新 , 職業別、独身率・傾向

政治家や議員は他の職業とは違い、国民の代表としてその一挙手一投足にかなりの関心をあつめる仕事。その恋愛にもかなりの注目が集まります。そのため独身でいる人も少なくありません。

2015年の国勢調査によると、50歳までに結婚していない人の割合は男性で23.4%、女性で14.1%。中でも政治家や議員は、結婚することでその家族にかかるリスクなども考え独身でいる人が多いそう。

今回は政治家・議員が結婚できない理由を紹介します。最後にはそんな政治家と結婚するためのツールも紹介しているので、要チェックです。

政治家・議員が結婚できない理由

誠実で頼りがいがあり、社交的であるイメージが強い政治家や議員。結婚できない理由にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

恋愛をタブー視

政治家・議員の挙動には、いつでもマスメディアからの関心が集まるもの。

結婚などのめでたい話題はもちろん、誰かと付き合っていた、誰かと仲良くしていたといった話題、不倫や浮気に手を染めたといった話題さえも個人の申告の有無に限らず公表されます。

その際に自分が仕事で不利益をこうむったり、相手が好奇の目にさらされて迷惑をかけたりしてしまうことも。そのため、自ずと恋愛がタブー視されている傾向にあります。

もしそれが原因で別れることになったら精神的なダメージはさることながら、それすら公表されてイメージダウンに繋がる可能性も。まれにそういったことをうまく利用できる人もいますが、多くの場合は痛手になるのです。

目立ちたくない

目立つと叩かれるのも、政治家・議員の強い傾向。ことと次第によっては、マイナスイメージが様々なメディアから報じられる事態になりかねません。

日本の政治家・議員は国民の代表として振る舞わないとならないので、同じ職業の人達からも非難を浴びることも多いようです。

またその恋人や配偶者に対してもトラブルが無いように管理を徹底し、目立たないように神経をすり減らすことを嫌がる人も多いとのこと。また、問題が山積みなので、そういった話題は後回しになりがちでもあります。

仕事を目立たないように全うするか、目立つリスクを負って好きな人を手に入れるかの二択を迫られる状況に。そのため特に若い議員に関しては、その原因になるのであれば恋愛や結婚を諦めるといった傾向がみられるようです。

求めることが多い

先の話でも少し紹介しましたが、政治家・議員の人達は恋人や配偶者にも責任を持たなければなりません。また恋人や配偶者にも責任を持ってもらわないとならないので、自然とその幅は狭まります。

お相手の職業が社会的地位の高い人であれば、更に自分のイメージを高めることもできますので、職種でさらに付き合える人が絞り込まれます。

万が一自分のあずかり知らぬところ、例えばご近所の人とトラブルを起こすとそれがイメージダウンに繋がってしまうこもあるとのこと。

また選挙に出るとなると、配偶者の人にも全力でサポートしてもらうことを求める人も多い傾向があります。あいさつ回りや近所の人達への呼びかけはもちろん、選挙の演説や炊き出しも手伝ってもらうこともあるようです。

イメージが良くない

政治家・議員という仕事自体のイメージがあまり良くない傾向も。ドラマでは悪役、または障害として登場することもあり、その上ニュースなどではいい話題よりかは悪い話題を取り上げられることが多いでしょう。

休日も接待などで忙しく、会えない日が多いとのこと。一部の浮気や不倫などの悪さをする人たちのせいでそれらを不安に思い、浮気を疑っても誰にも相談できないこともあるようです。

それに耐えきれなくなった相手が離れて行ってしまうこともあるそう。周囲に付き合っていることを伏せるのも、相手を不安にさせる原因になり得るとのことです。

政治家・議員が結婚できない理由・まとめ

今回は政治家・議員が結婚できない理由について紹介しました。政治家・議員はイメージが大切な仕事。国民の代表として働いているので、それにふさわしいと思われる行動をとらなければ職を失うことにもなりかねません。

その一挙手一投足にはもちろんのこと、恋愛事情や結婚などにも興味が常に向けられ、イメージに絡んできます。

また各種メディアによって配偶者の責任問題も自分のせいであるように扱われることも少なくなく、それらの責任を負う自信がないため、結婚や恋愛に対して尻込みする若い議員も多いとのこと。

配偶者や恋人に選挙中応援してもらうことも大切になるので、その相手の負担を思うと踏み出せない人も少なくないようです。

しかし政治家や議員にも結婚している人はたくさんいます。政治家という職業のことをよく理解して、それでも結婚したいという人は婚活サイトや結婚相談所を利用してぜひパートナーを探してみて。

おすすめは楽天オーネット。こちらは会員数が業界最大級、成婚退会数も平成で11万人以上と実績がある楽天グループの結婚相談所です。結婚相談所という名前ではありながら、ネット上で相手探しや相談ができるのが特徴。

登録者の身元がしっかりとしているため、政治家や議員と出会いたいという人にはぴったりです。また楽天オーネットでは、マッチングアプリと違いアドバイザーのサポートを受け、確実に自分に合った結婚相手を見つけることが可能!

料金は、プレミアムプランで入会金を3万円と活動初期費用7万6000円の前払いが必要です。その上で、月々1万3900円を支払う形になります。しかし、成婚料が無料なのが嬉しいポイント。無料で結婚力診断も行っているので、要チェックです。

無料で結婚チャンステスト

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

OLに独身が多い理由・結婚できない理由5選

OLは仕事を通じて男性との素敵な出会いに期待が持て...

2019年07月23日, 職業別、独身率・傾向

塾講師に独身が多い理由・結婚できない理由:生徒のことで頭がいっぱい!?

塾講師は他の教員職に劣らず十分なお給料がもらえて、...

2019年07月24日, 職業別、独身率・傾向

俳優に独身が多い理由・結婚できない理由:プライベートを大切にしたい人も

テレビや映画などで活躍する人気俳優は結婚していない...

2019年07月24日, 職業別、独身率・傾向