税理士に独身が多い理由・結婚できない理由:とにかく求める理想が高い!

Saras編集部
公開, 更新 , 職業別、独身率・傾向

税理士はお金、特に税金のエキスパート。税金に関する法律や税金対策についての深い知識を持ち、多くの個人や企業の信頼を得ています。そのため、社会的ステータスが高い仕事、また給料の良い仕事として結婚相手としては人気の高い職業です。

しかし実際の税理士には、独身どころか未婚の人が多くいるそう。2015年の国勢調査によると、50歳までに結婚していない人の割合は男性で23.4%、女性で14.1%。中でも仕事上忙しい税理士は、未婚率が高いそう。

理由はやはり、仕事に対するプロ意識の高さや忙しさにあるとのこと。今回は税理士に独身が多い理由について紹介します。

税理士に独身が多い理由

社会的ステータスが高く、高収入の税理士。そんな税理士に独身が多い理由はどのようなものがあるのでしょうか。

お金のプロ意識が高い

税理士はお金、とりわけ税金に関するプロ。家計の収支に細かくチェックをいれるイメージが強い人も多く、少しの出費で何か言われるとマイナスのイメージを持たれることが多いとのこと。

稀に家計に口を出す税理士さんの例もあるそうです。特に高額の支出に関しては細かく聞かれ、注意をされることもあるそう。中には共通のお財布の管理を、プロとしての意識が高いがために自分がして、パートナーには自由にさせないことも。

税理士さん側には悪気はなくとも、パートナーから見れば細かくチェックされることには息が詰まってしまったり嫌気がさしてしまったりします。

ひどい時には自分に信用がないと誤解されることもあるでしょう。しかし自由にさせてくれる人もいて、とりわけ厳しくチェックする人は稀だとのこと。

仕事が忙しい

税理士の仕事はかなり忙しいもの。特に確定申告の依頼が殺到する時期は特に忙しく、恋愛どころではないでしょう。また女性の税理士の場合、仕事こそが全てというタイプの人も。

仕事に打ち込むあまり、恋愛にかまけていられないという人です。そもそも仕事が生きがいなので恋愛のための行動をとることがないでしょう。

これは恋人になると厄介な問題でもあります。秋冬の層でもない時期はそれほどでもないのですが、繁忙期になると会えなかったり音信不通になったりすることが多く、自分がおろそかにされていると感じる人も。

残業が多く、やっと家に帰っても仕事の事を考えていることが多いようです。そのためいらいらしやすく、関係がこじれるのも繁忙期が多いとのことです。

求める理想が高め

税理士は試験5科目60%以上の得点をとり、税務関係の仕事を修行として2年以上続けてようやっとなれる職種。そういった努力をして地位を得た人達なので、恋人も自分に見合う人が欲しいと思う傾向があります。

そしてまたその理想は世の中の大半の人は当てはまらない、ひどい時はほんの一握りであることが多いのです。

税理士のほとんどはかなり高い年収を得ています。また、かなりの努力の結果の職業なので、社会的に高い地位であると言っても過言ではないでしょう。

そういった人たちが自分と同じくらいの年収やステータスのある相手、できれば見た目も自分好みの相手を求めると、世の中の大半の人がはじき出されることになります。後にも説明しますが、ただでさえ少ない出会いの中で、見合う人を見つけるのは大変です。

そもそも出会いも少なめ

税理士は結婚相手として人気の職業ですが、そもそも出会いが少なく良く理解されていない職業でもあるため、性格面で考慮されてしまうのとでお付き合い自体ができないケースもあるそうです。

出会いといって思いつくのは職場。職場に異性はいないことはないのですが、一緒に仕事をする事務員さんとの恋愛はまずなく、お客様とそう言った関係になって仕事や信用を失うのはリスクが高いとのこと。

また顔を合わせる税務署の人とも仕事上の立場が真逆であるため、接触すること自体がよろしくないのだそう。

職場以外での出会いについては、仕事が忙しく自分に見合った相手の理想も高いため、恋人候補と出会えることは少ないでしょう。

税理士に独身が多い理由・まとめ

今回は税理士の人達に独身が多い理由について紹介しました。税理士はかなりの努力と年月を支払ってその地位を得た人が多いようです。お金、とりわけ税金のエキスパートであるため、お金の管理には厳しいイメージがあります。

人によっては実際に結婚してから、早ければお付き合いした段階からそういった制約を受けて嫌になってしまう人もいるようです。

またかなり忙しい仕事であるため出会いを求めることも難しく、その少ない出会いの中でも自分の高い理想と比べてしまいがちな傾向があります。

やっと出会って付き合ったのだとしても繁忙期に仕事の事で一杯いっぱいになり、恋愛がおろそかになった結果関係がこじれてしまうこともあるとのこと。

しかし、当然税理士にも既婚者はいっぱいいます。まだ結婚を諦めたくない!という人は、婚活サイトを利用して素敵な相手を見つけてみて。

おすすめは楽天オーネット。こちらは会員数が業界最大級、成婚退会数も平成で11万人以上と実績がある楽天グループの結婚相談所です。結婚相談所という名前ではありながら、ネット上で相手探しや相談ができるのが特徴。

スマホを使ってどこにいても相手を探すことができるので、忙しい税理士にも効率的に出会うことができます。楽天オーネットでは、マッチングアプリと違ってアドバイザーのサポートを受け、確実に自分に合った結婚相手を見つけることが可能!

料金は、プレミアムプランで入会金を3万円と活動初期費用7万6000円の前払いが必要です。その上で、月々1万3900円を支払う形になります。しかし、成婚料が無料なのが嬉しいポイント。無料で結婚力診断も行っているので、要チェックです。

無料で結婚チャンステスト

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

競艇選手に独身が多い理由・結婚できない理由4選:安定を求めづらい?!

競艇選手には、高収入でイケメンというイメージがあり...

2019年08月27日, 職業別、独身率・傾向

スポーツ選手の結婚できない理由:自分のルーティンに合わせてくれる女性が良い!

スポーツ選手といえばたくましくかっこいい、女性にと...

2019年07月24日, 職業別、独身率・傾向

お笑い芸人に独身が多い理由・結婚できない理由:収入が不安定なのが大きな理由!

昼夜ネタに磨きをかけ、舞台や番組で場を明るくするお...

2019年07月23日, 職業別、独身率・傾向