大学教授に独身が多い理由・結婚できない理由:研究が好きすぎるのが原因!

Saras編集部
公開, 更新 , 職業別、独身率・傾向

大学教授は専門の学問を持ち、その学問に人生を捧げている人が男女問わず多い傾向があります。ただし他の教員職と同様給料が安定していて、専門性が高く個性的な人が多そうという理由で、結婚したい相手として人気の職業とのこと。

しかし中々普段の出会いの場で大学教授に会うことはないのが実情。また大学教授自身も仕事が忙しく恋愛に割く時間が取りづらい、という人も多いそう。

2015年の国勢調査によると、50歳までに結婚していない人の割合は男性で23.4%、女性で14.1%。中でも大学教授は今まで勉学に力を入れてきたため恋愛経験に乏しく、未婚率が高いそう。今回はそんな大学教授が結婚できない理由について紹介します。

大学教授が結婚できない理由

専門性が高く、知的なイメージの強い大学教授が結婚できない理由とはどんなものがあるのでしょうか。

忙しい

大学教授は他の教員職に就いている人達同様、忙しい人が多いのです。自分の講義の準備や論文の執筆はもちろんのこと、自分の研究を進め、同時に自分の研究室の学生達の相談に乗るのも大学教授の重要な仕事。

また学問をある程度突き詰めた人がなれる職業なので、その学問が本当に好きでないとなることができません。

仕事ができる人ほど忙しくなる傾向があるので、仕事が順調であればあるほど恋愛や出会いの場に行く時間は少なくなります。

学生達と信頼関係を築くことも大切な仕事なので、むしろ恋愛に割く時間があるのであれば研究に没頭するか、学生と一緒に何かのイベントを行う人の方が多いでしょう。

出会いがない

自分の研究や研究室の仕事、学生達との付き合いに多くの時間を割く大学教授は講義以外の時間を研究室で過ごすことが多いよう。小中高校のように職員室があるわけではないので同じ大学の先生と会話する機会は少ないでしょう。

男性の割合の方が多く、話をしていても興味があるのはどんな研究をしているかであることが多いよう。また学生達とは師弟のような関係である上、学生から恋愛対象として興味を持たれることも少ないため、恋愛関係に発展することはまずないと見ていいでしょう。

先も述べたように大学教授は研究や論文で忙しく、学生達の相談に乗ったり研究を見てあげたりもしないといけません。時間があるのであれば、研究のための資料の読み込みや自身の勉強に費やすことが多いようです。

恋愛経験が乏しい

大学教授になる人は、ある学問を突き詰めた人。学生時代からその学問に向き合ってきたため、恋愛に割く時間も興味もそれほどなかった人が多い傾向があります。

また自分から行動することも少なく、一人身であることを心配した周囲がお見合をすすめたり知人を紹介したりして、それでぼんやりと意識する人がいるくらいとのこと。またお見合いに行っても、恋愛経験の少なさから成就することは少ないようです。

専門的な会話を日常的にしているので、その話になった瞬間ヒートアップしてしまってお相手からついて行けないと思われてしまうこともあるよう。同じものに興味がある人か、話を聴くのが得意な人でないと大学教授の人と楽しく話をするのは難しいかもしれません。

仕事が好き

大学教授は専門としている学問を、何よりも大好きという人が多いのが特徴。また研究に人生を捧げるつもりで毎日仕事に励んでいる人もいるので、恋愛に力を注ぐようなことは稀なようです。

好きなことを仕事にしているタイプの人なので仕事、とりわけ研究の時間が取れなくなることを嫌います。たとえお付き合いが始まってもその仕事をするにあたり邪魔になるのであれば、遠慮なくそのように伝える人もいるようです。

仕事を生きがいとしているので、年がら年中一緒にいるのは難しいと思った方がいいでしょう。また仕事が休みの日でも仕事関係の書籍を読みこむ人が多いとのこと。それらが重なって自分はないがしろにされている、と感じてしまう人も多いようです。

大学教授が結婚できない理由・まとめ

今回は大学教授に独身が多い理由についてまとめました。大学教授は専門の学問を生徒達に教えるために大学に所属しています。そのため本当に興味のあることの研究に取り組んでいる人かほとんど。

そもそも仕事が忙しいため出会いの場に行くことも、かといって学内での出会いも少ないので普段恋愛について意識することが少ないよう。

稀に知人の紹介やお見合いで出会うことがあっても、自分の専門についての話で相手を圧倒してしまうことも。自身の専門の事柄以外の恋愛などには疎い人の方が多い傾向があります。

もしお付き合いが始まったとしても仕事に割く時間の方が大切な人も多いので、それに理解のある人と一緒になることが多いようです。

以上のように、大学教授が結婚できない理由はいくつか挙げられます。しかし、既婚の大学教授もたくさんいるのが事実。まだ諦めない!という人は婚活サイトを利用して婚活を始めてみては。

おすすめは楽天オーネット。こちらは会員数が業界最大級、成婚退会数も平成で11万人以上と実績がある楽天グループの結婚相談所です。結婚相談所という名前ではありながら、ネット上で相手探しや相談ができるのが特徴。

料金は、プレミアムプランで入会金を3万円と活動初期費用7万6000円の前払いが必要です。その上で、月々1万3900円を支払う形になります。しかし、成婚料が無料なのが嬉しいポイント。無料で結婚力診断も行っているので、要チェックです。

無料で結婚チャンステスト

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

歯科医師に独身が多い理由・結婚できない理由:収入の安定は将来に期待!?

歯科医師といえば、頭がよく年収が高いというイメージ...

2019年07月24日, 職業別、独身率・傾向

自衛官に独身が多い理由:出会う時間がない!婚活サイトで出会う人も

強くてかっこいいイメージの自衛官は、女性の結婚した...

2019年07月24日, 職業別、独身率・傾向

漫画家に独身が多い理由・結婚できない理由:自分磨きをする時間が少ないことも

絵を描くことが好きな漫画家は、自分のやりたいことを...

2019年07月23日, 職業別、独身率・傾向