愛人顔とは?特徴と愛人っぽいと言われる理由を紹介!

Saras編集部
公開, 更新 , 浮気・不倫

「愛人顔」という言葉にはどんなイメージがあるでしょうか。「不倫や浮気」「依存心が強い」といったマイナスイメージを持つ人もいるかもしれません。

その一方で、「尽くすタイプ」などの良いイメージを持つ人もいます。

愛人顔、という言葉の聞こえはあまりよくないと思われがちですが、ひとつひとつ紐解いていくと、色気にあふれていたり美人に多いなど魅力が多いです。

今回は、愛人顔と言われる人の特徴と、同時に愛人っぽいと言われる理由を紹介します。

愛人顔の特徴

愛人顔といわれる人には、5つの特徴があります。

愛人顔は、目力が強い

目鼻立ちのくっきりした美人は、眼力が強くきつい印象がある場合が多いです。

美人から漂う「高嶺の花」のような感覚。普通の男性では手が届きそうになく、大企業の社長のような、財力のある男性に愛されるのがよく似合う、というイメージを持つ人が多いでしょう。

愛人顔の女性には、普通の男性が手を出せないような美しさがあります。

顎が細くとがっている

顎がシャープなところも、愛人顔の特徴のひとつです。

顎が細くとがっている人は、人相学で分析すると、「頭が良いが優柔不断」「打たれ弱い」という特徴をもっています。

そのため、強引にすれば言うことを聞くかもしれない、という男性の支配欲を無意識に刺激しているといわれることも。

また、打たれ弱いと、か弱くはかない印象を与えるので、「守ってあげたい」「この子は俺がいないとダメだ」と思わせるのも愛人顔っぽいといわれる理由でしょう。

愛人顔は、唇が薄い

人相学でいうと唇の薄い人は、淡泊な性格で、クールな面があります。人間関係も深い付き合いをせず、やや冷たい人、という印象。

そのため、「一時の火遊びには最適な相手」「深入りしてこないから安全に浮気できる」という下心を刺激する相手ともいえるでしょう。

唇の隙間から白い歯がうっすら覗いている

人相学的に、唇がうっすら開いている方は、金銭や男女関係にもルーズな傾向があります。

そのため、「すぐさせてくれそう」と思われてしまうことも。

唇からうっすら歯が見える状態は、色っぽさを感じさせるため、愛人っぽいといわれるのでしょう。

愛人顔は、目元・口元にほくろがある

瞼や目の下にできる「泣きぼくろ」は、セクシーな女性や愛される女性によく見受けられるものです。

左目にある泣きぼくろは、「男心をよく理解している」という意味。そのため、男性は泣きぼくろを性的魅力に感じやすいです。

また、口元のほくろは「セクシーほくろ」とも言われており、あるだけで女性の性的魅力が上がります。泣きぼくろ同様、色気を醸し出す要素です。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

公認会計士の浮気・不倫事情:個人事務所を持っている場合は要注意!

会計士は真面目で堅いイメージがあり、一見浮気をする...

2019年07月24日, 浮気・不倫

愛人・浮気相手・セフレの違い:愛人を作る男性の心理とは

昨今、有名人の愛人関係や不倫報道が数多くメディアで...

2019年07月24日, 浮気・不倫

浮気がバレないテクニック:連絡方法も要注意!

やってはいけないと分かっていても、なかなか辞められ...

2019年07月24日, 浮気・不倫