婚活で失敗する人の6つの特徴と解決策:成功の秘訣を大公開

婚活で失敗する人の6つの特徴と解決策:成功の秘訣を大公開

Saras編集部
公開, 更新 , 婚活

厚生労働省の「国勢調査」によると、30代前半女性の未婚率は34%で、つまりその逆の66%は20代のうちに結婚しています。年齢を重ねていくにつれて焦りや不安も大きくなっているはず。婚活でもう失敗したくない、着実に婚活を進めたいという女性が増えているのも現実です。

そんな中、本気で結婚したくて婚活をしているのに良い人と巡り会えない、途中まではいいのにプロポーズまでいかないなど、婚活において苦労することも多いでしょう。

相手との価値観が合わないことや気持ちのずれなどが原因でうまくいかないことが多いようです。しかしもしかすると自分にも原因があるのかもしれません。婚活で失敗する人には、いくつかの特徴があります。自分は当てはまっていないかぜひチェックしてみて。

婚活で失敗する6つの特徴と解決策

過去モテてきた

婚活では過去にモテてきた人ほど失敗しやすいと言われています。モテてきた人はどうしてもプライドが高くなってしまうからです。婚活では、今まで出会ってきたような素敵な男性には出会えません。そこで相手の話をあまり聞こうとしなかったり、愛想が悪かったりしてしまいます。

また婚活で出会える男性は今まで出会ってきたような男性とは違うタイプの人が多いので、今まではモテてきても婚活でモテるとは限りません。過去の栄光は忘れて一人ひとりの男性と向き合うことが成功への鍵。

数字が気になりすぎている

婚活パーティでも婚活サイトでもプロフィールを作成します。プロフィールには、住所、年齢、職業、年収、趣味、家族構成など、様々なことが書かれていますが、最も気になるのはどの項目ですか。やはり、他の人と比較しやすい“数字”が気になりませんか。そこで、気になる“数字”を男女別に見て行きましょう。

男性が気になる数字は「女性の年齢」です。結婚相手を探しているので、妊娠・出産と関係ある年齢を気にするのは当然と言えます。そのため婚活市場では、30歳から35歳を超えると活動が難しくなるようです。

一方、女性が気になる数字は「男性の年収」。子育ての間は共働きが難しいと考えると、男性の年収だけで生活できるか否かは切実な問題です。そして中には、婚活中の女性が希望する年収として最も多いのが500万円以上とのアンケート結果もあります。

解決策としては数字に惑わされないことです。数字を気にするあまりなかなか理想の人と巡り会えないというのは、婚活での失敗の王道パターン。

“数字”が気になるのは仕方ないとしても、今よりも少し条件を引き下げてみてはいかがでしょうか。それによって選択肢が広がり、新しい目線で相手を選べるようになるかもしれません。

デートを楽しんでいない

婚活で相手を見つけた後は二人でのデートが始まります。その中で、婚活で出会った相手とのデートでは、長所や短所を観察するのに忙しくて、純粋にデートを楽しめていないという人は多数。

特に女性は、「私服のセンスがない」「食べ方が汚い」「ご馳走してくれない」など、様々なマイナスなポイントをチェックしがちです。純粋にデートを楽しんでいないことは、必ず相手に気付かれます。それでは次に繋がるはずもありません。

解決策としては、デート中は相手のことを知りたい気持ちを少し押さえることがポイントです。長所や短所を一回ではっきりさせるのではなく、デートを重ねることによって、短所の部分も見え方が変わってくるかもしれないという視点を忘れないこと。

デートを楽しまないと気疲れしてしまい、なかなか次のデートにも踏み込みづらくなります。相手を楽しませると共に、自分自身が楽しむことを少し意識してみて。

家事ができない

気になる男性と良いところまでは行くのになぜか結婚まではこぎつけないという人は家事ができないことが原因かもしれません。

ずっと実家暮らしで家事をほとんどしなくても許される環境で育ってしまうと、いざというときにできず、恥ずかしい思いをすることが多いようです。婚活で素敵な人と出会い、お互い前向きに話しが進んでいたが、途中で料理ができないことが明らかになり破綻なんてことも。

特に婚活をしている男性は料理や家事ができる家庭的な女性と結婚したいという理想を持った人が多いのです。良い人が見つかってから練習しようとしても、家事は短期間で身につくものではなく、経験も必要となってきます。

こんな失敗の仕方をする前に、普段家事をあまりしなくても良い環境の人は少しづつ練習していくことをおすすめします。徐々に家庭的な雰囲気を醸し出せるようになるはず。

友達と一緒に婚活に行くと失敗

結婚相手を見つけるためには、まず異性のいる場所に足を運ばなければなりません。しかし見知らぬ男女が大勢いる場所では物怖じしてしまいます。そんなとき友達と一緒なら心強いと思うはず。

実は友達と一緒に婚活しに行くことが、婚活失敗の原因。なぜなら、見知らぬ男女のなかで隣に友達がいたら、友達とばかり話していたり、友達の目を気にして異性に声をかけるのに消極的になりがちだからです。

お試しで婚活パーティに参加するなら友達と一緒でもいいですが、本気で結婚相手を見つけたいなら、一人で婚活会場に行くことをおすすめします。

婚活の方法が自分に合っていない

人見知りの人が婚活パーティーに何度行ってもなかなか成功しないのは当然。しかし自分のことだと客観的にみることができずに間違った婚活の方法を続けてしまう人も多いようです。

婚活といっても、婚活パーティー、結婚相談所、ネット婚活、婚活バー・居酒屋など方法は様々。

同じ方法を続けているのに効果がないという方はもう一度自分の性格を見つめ直して本当にその方法で良いのか考えてみましょう。また多数の方法で婚活をサポートしてくれる結婚相談所なら、婚活を進めていく中で自分にぴったりの方法を見つけることができます。

婚活での失敗を生かして成功へ

婚活で失敗すると言ってもどこで失敗しているかは人それぞれ。婚活パーティーでそもそもカップリングできないのか、1回目のデートで終わってしまうのか、交際しても続かないのか、自分がいつもどこで失敗しているのか客観的に考えてみるのが成功への鍵。

今の方法が自分に合っているのか疑問に感じている人や、一人で婚活を進めていくのが不安という人は、結婚相談所の楽天オーネットがおすすめ。

楽天オーネットは大手ネット企業の「楽天」が運営する結婚相談所(2018年11月に親会社が変更されました)。ネットでお相手男性のプロフィールを検索でき、あなたの希望にあったデータマッチングが特徴。もちろん人によるサポート体制も充実しているので安心です。

楽天オーネットの特徴

  • インターネットで婚活プラン&料金シミュレーションが無料でできる
  • ネットでお相手を検索できる
  • データマッチングやコーディネートサービスが充実
楽天オーネットの結婚チャンステスト

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

44歳女性の結婚・恋愛事情まとめ:独身から抜け出す方法とは?

44歳で独身の女性というのは、現代においては珍しい...

2019年08月27日, 婚活

34歳独身女性が結婚を前提とした本気の恋愛で彼氏を作る方法

ついに30代かと思っていたら、あっという間に34歳...

2019年08月27日, 婚活

朝婚活のメリット・デメリット:どんなパーティーがある?

合コンや婚活パーティーといえば、仕事帰りや夜からお...

2019年07月24日, 婚活