婚活うつの症状や原因と対処法:頑張りすぎず、マイペースに婚活しよう

婚活うつの症状や原因と対処法:頑張りすぎず、マイペースに婚活しよう

Saras編集部
公開, 更新 , 婚活

婚活うつとは婚活が原因でうつ状態になってしまう病気のことで、婚活疲労症候群とも呼ばれます。他のうつと同様に精神的にも身体的にも不調をきたします。

婚活うつは誰にでもなりうる、身近なものです。婚活を頑張りすぎて最近何事にもやる気が出ない…そんな人はこの記事を参考に、婚活うつを脱しましょう!

婚活うつの症状

以下の症状が当てはまる人は婚活うつかも

婚活うつは、定義づけすることが難しい病気の一つ。以下のような具体的な症状が当てはまる人は婚活うつの可能性が高いので、注意が必要です。

  • 婚活を始めてから、何事にもやる気が出ない
  • 婚活に関することを目にすると気分が落ち込む
  • 最近婚活のことがよぎってよく眠れない

  • 婚活うつはれっきとした病気であり症状も他のうつ病とそれほど変わりはなく、身体面・精神面どちらかもしくは両方に不調があらわれます。

    具体的には、身体面では睡眠障害、食欲不振や下痢、頭痛などが挙げられます。精神面では、物事に無気力、自分や他人にネガティブな感情を持つなどです。

    一つでも当てはまるようなら婚活うつの疑いがあります。症状が重い場合は、直ちに受診するようにしましょう。

    婚活うつの人の体験談

    婚活サイトを利用して婚活をしていました。マッチングはしてもすぐにお付き合いを断られてしまうことが何度も続き、「もうだめかも…」と思い始めました。今では婚活サイトにログインするのが怖くなってしまいました。(30代女性)
    婚活サイトで知り合った女性とお付き合いをしていました。やっと結婚に結び付くかと思ったところで、彼女に「他にお付き合いをしている人がいる」といわれ振られました。自分の何が悪かったのかもわからず、これからどうしていったらいいかわかりません。(30代男性)
    結婚相談所で婚活をしています。何度かお見合いをしましたがお付き合いに繋がることはありません。カウンセラーの方は「次頑張りましょう!」と励ましてくれますが、プレッシャーに感じてしまい婚活を続けるのが怖くなってしまいました。(30代女性)

    体験談からもわかるように、婚活うつに陥ると、婚活を続けていくことに恐怖心を抱いてしまう人が多くなっています。

    婚活うつの原因と対策

    ではなぜ、このような症状が引き起こされてしまうのでしょうか。婚活うつを脱するためにはまずは原因を知ることから始めましょう。

    婚活に疲れてしまった

    婚活を頑張りすぎて、パーティーにたくさん参加したりと身体的にも精神的にも疲れてしまい婚活うつに陥ってしまうことが多くなっています。

    婚活うつは真面目な人や優しい人がなりやすい病気。相手からの誘いを断り切れず身を削ってしまったり…。あまり頑張りすぎずに、症状が続いたら治療にあたりましょう。

    全否定された気持ちになる

    婚活をしていると、自分の好みの人が自分に振り向いてくれないことは少なくありません。マッチしなかったり、誘いを断られることで自分という人間が全否定されているように感じてしまう人が多いのです。

    また婚活をしている上では、誘いを断られても理由を教えてもらえることは少ないのも事実。そのためなおさら「全否定された」ということのみ残ってしまうのです。

    しかし、断ってきた相手はあなたのほんの一部しか知りません。あなたという人間を全否定しているわけではないので、そのことを忘れないようにしましょう。

    自分で自分にプレッシャーを与えている

    婚活はイベントごとにいちいち費用がかかりますし、結婚相談所に登録すると一度に高額なお金を払うことになります。本気だからこそ少しでも自分のためになりそうな婚活に投資してしまうのは当然。

    しかし婚活に費やした額が上がれば上がるほど、プレッシャーになり自分で自分を追い込んでしまっていることも。マッチングアプリなどお金がかからない婚活の仕方を探してみても良いかもしれません。

    成婚できない焦り

    周りが次々に結婚していくと、自分も早く結婚しなければならないという強迫観念に囚われて焦ってしまう人も少なくありません。

    婚活を始めたのにすぐに成婚が叶わず、周りに置いて行かれている焦りから婚活うつになってしまうことも。

    他人は他人。自分は自分。婚活は焦らずマイペースに行うことがポイントです。

    婚活の辛さを相談する相手がいない

    婚活で溜まったストレスを吐きだすところがないと、自分の中に溜めこんでしまい婚活うつになりやすいのです。

    婚活についてはなかなか友人に相談することが恥ずかしい…という人も多いかもしれません。そういった際には、婚活サイトの電話相談や結婚相談所のサポーターに遠慮せず相談することをおすすめします。

    完璧主義

    完璧主義の人は婚活においても目標を高く設定しがち。しかし婚活はそこまでスムーズにいかないものなので、理想と現実とのギャップにストレスを感じてしまうそう。 

    はじめから婚活はそんなに上手くいくものではないと割り切って完璧を求めすぎず、気軽に婚活を続けられると良いでしょう。

    婚活うつを脱する対処法

    婚活仲間を見つける

    一人で婚活されている人は、ぜひ同性の婚活仲間を見つけてみて。婚活仲間は、職場や趣味の仲間ではなく、婚活パーティ等で知り合った婚活のみの仲間がベスト。

    そして今までに出会った異性のエピソードや婚活の愚痴など、婚活にまつわる色々な話題で婚活仲間と盛り上がりましょう。婚活に悩んでいるのは自分だけでないと理解するだけで、精神的な負担がずっと軽くなるはず。

    婚活を一旦休んでみる

    うつ病には休暇が必要。婚活うつも立派な病気なので心と身体を休めてあげる必要があります。婚活へのストレスや焦りを持ったまま続けても余計にうまくいかず、負の連鎖になってしまいます。

    一度きっぱりと婚活を休む期間を設けてみて。婚活のことを忘れて、他のことに没頭するのも良いリフレッシュになるはずです。

    その期間に身の回りで出会いがあるかも。また、自分の中で結婚観など見つめ直して、次の婚活に向けて気持ちを切り替えることもできるでしょう。

    縁がなかったと考える

    婚活で断られた際、自分の何が悪かったのかと自分を責めてしまう人が多いです。

    しかし、婚活は条件で人を選ぶ特殊な出会い方。断られてもあなたに魅力がないということは決してありません。ただ単に相手と縁がなかっただけなのです。

    さらに良い人と巡り会うために運命が導いた結果かもしれません。そう考えることで、婚活のストレスはだいぶ軽くなるはず。

    自分自身も楽しめる婚活イベントに参加する

    現在では様々な婚活イベントが企画されています。和菓子作りや動物園、野球観戦など婚活など抜きでも自分が楽しめそうなイベントに参加してみるのも一つの手かも。

    イベントで頑張り過ぎることもうつの原因となってしまうので、頑張りすぎるのではなくイベントそのものを楽しむように心がけましょう。あなたの楽しそうな姿は、異性の目にも魅力的に映るはず。

    おすすめの婚活イベントサイトは、街コンMAP。女性が満足できる街コンをサポートするイベント検索サイトです。

    街コンとは街ぐるみで行う合コンのこと。恋活・婚活パーティーといったオーソドックスなものから、趣味をきっかけに出会える趣味コン、体を動かしながら自然に話が弾む体験コンといったように新しい出会いを楽しむことができます。

    全国各地で開催しているので、ぜひ一度公式サイトをチェックしてみて。

    街コンMAPで探す

    SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

    多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

    関連した記事

    PARTYPARTY(パーティーパーティー)の評判は?口コミやシステムなど詳しく紹介!

    PARTYPARTY(パーティーパーティー)は、今...

    2019年07月24日, 婚活

    26歳で恋人がいない独身女性の恋愛・結婚までの道のりを紹介:彼氏がほしい!

    現在26歳で彼氏なしの独身女性は、どうすれば20代...

    2019年08月27日, 婚活

    婚活の負け組を脱却するための方法:自分を見つめ直すことが大切!

    婚活で長く続けても良い結果が出ないと、やる気をなく...

    2019年07月23日, 婚活