弁護士に独身が多い理由・結婚できない理由:理屈っぽいと敬遠されることも

Saras編集部
公開, 更新 , 職業別、独身率・傾向

優秀で正義感が強いイメージのある弁護士。しかし実際は職業柄きつい印象があったり何かと正論で論破されそう、と異性から敬遠されがちです。

高収入な弁護士は、男性の稼ぐ額を上回ることもあり相手のプライドを傷つけてしまうこともあるそう。他にも、弁護士に独身が多いのには理由があります。

弁護士に独身が多い理由

otaku-joshi

しっかりとしすぎている

弁護士の人はしっかりしていて、筋が通っていないと気が済まないというイメージを持つ人が多いです。合コンで相手が弁護士だと知ると、やましいことがなくても身構えてしまう人もいるそう。

ドラマなどで目にすることも多くなった女性弁護士ですが、その影響で何かあるたびに「意義あり」と意義を申し立てられることを恐れている男性も多いようです。実際にはそういったことは稀ですが、結婚する前から慰謝料請求を心配する人も。

弁護士は正義感に溢れ、間違ったことは何であろうと正論をつき通そうとする人だと認識されやすいです。また、仕事が忙しくてもきっちりこなす人が多いので、自分がいなくても十分にやっていけると考える男性が多いのも、独身になりやすい理由の1つ。

理屈っぽい

弁護士の人は先に書いたようにしっかりした人だという印象が強いので、社会的な信用は高いです。

しかし、相手にすると怖いのも事実。些細な口喧嘩も同等にやり合うのは良くても、正論で論破されるのが嫌だという人もいます。結婚前やそれ以外のことでも何か契約書などを書かされるのではないか、とイメージする人も。

理屈っぽく追及されるのが嫌になって別れてしまうケースもあります。

稼ぎがいいイメージ

働いている環境やスタイルにもよりますが、弁護士は給料が高いイメージがあります。その努力に応じた金額であるにも関わらず、男性は自分の年収より女性の年収が高いと、自分が蔑ろにされるのではないかと心配になることも。

女性がうっかり年収の話をしたために、一気に敬遠されたとの声もあります。高収入を得ている女性のイメージは、自分がいなくても十分にやっていける、経済的に守らなくてもいい、と判断する材料になることが多いです。

今は夫婦共働きが当たり前ですが、それでも自分が養うことに執着する男性は多くいます。お金の話は、お互いあまり口にしない方が無難でしょう。

プライドが高い

男性社会と言われている弁護士の世界で、女性が勝ち上がっていくのは並大抵の努力ではありません。自分に自信が無ければ相手に言いくるめられてしまいますし、大人しくしていれば他の同業者に仕事を取られてしまいます。

弁護士である以上、言わなければならないことを言う度胸も必要不可欠。しかしその姿勢を他人が見て、気が強くプライドが高い人ととらえられてしまうことも少なくありません。

また、弁護士でも名前を変えることで、今までの評価や実績が結びつきづらくなってしまうことを嫌がる人もいます。結婚する女性は家に入る、というイメージの強い日本では敬遠される理由になるのことも。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

芸術家・アーティストに独身が多い理由・結婚できない理由:特殊な仕事環境が原因?!

芸術家・アーティストは、孤独な職業と言われることが...

2019年08月27日, 職業別、独身率・傾向

不動産屋に独身が多い理由・結婚できない理由:巧みな話術があだになる!?

不動産屋の男性は、パリッとしたスーツを着て、バリバ...

2019年08月27日, 職業別、独身率・傾向

自衛官に独身が多い理由:出会う時間がない!婚活サイトで出会う人も

強くてかっこいいイメージの自衛官は、女性の結婚した...

2019年07月24日, 職業別、独身率・傾向