料理研究家の離婚率・離婚する理由 :メディア出演や研究活動の忙しさですれ違い

料理研究家の離婚率・離婚する理由 :メディア出演や研究活動の忙しさですれ違い

Saras編集部
公開, 更新 , 離婚

料理番組に出演する料理研究家にも離婚経験者がいます。料理が得意な料理研究は、家庭的なイメージがあり、離婚する印象が持ちづらいです。

実は離婚の原因は料理研究家特有の業務形態のうちにあります。また料理研究家の離婚によって起こるデメリットとして、今後の仕事に影響する可能性も出てきます。

料理研究家の仕事内容

料理研究家とは、より優れた料理の考案を専門とする職業で、テレビへの出演は主な仕事の1つ。 そのほか、料理研究家は雑誌やラジオ番組でも見られます。これらの撮影や収録作業は、どれも大切な仕事。

また、料理研究家の仕事はこうしたメディアへの出演だけではありません。より美味しい料理を作る必要があるため、日夜研究活動も大切。時にはアイデアが出ないままじっと考え込むこともあります。

料理研究家の離婚率

料理研究家の中には離婚している人も見受けられますが、その離婚率は低いと言えます。

離婚経験のある料理研究家のうち、最も知名度の高い人物は小林カツ代。小林カツ代は2000年代の初めに離婚しています。その一因は料理研究家として多忙を極めたためでした。

小林カツ代は一時期は東京と大阪を週に2度往復していたと言われ、その忙しさがうかがえます。離婚の原因は詳しく語られていませんが、小林のタイトなスケジュールにその原因があったのではないかと噂されます。

その他の料理研究家にも離婚が噂されることもあります。ひとまず離婚率は低いようです。

料理研究家が離婚する理由

料理研究家が離婚する理由は、多忙のため家庭を顧みる理由がなくなってしまうから。

料理研究家はテレビへの出演を主な仕事としています。わずかな時間で終わるような番組でもその撮影のためには、下ごしらえや前準備をします。時には、食材を前日から調達するため準備期間がさらに必要。

こうしたテレビ番組の収録は、準備や後片付けの時間も入れるとほぼ1日仕事です。雑誌などその他のメディアでの収録もかなりの時間がかかることが予想されます。

それらのメディア出演の他に、上記の通り自宅での研究活動の時間も必要。必然的に料理研究家の毎日は多忙になります。

家庭と両立させる必要あり

仕事だけを考えられればまだ良いかもしれませんが、料理研究家はその他に家庭のことも考える必要があります。

家庭を後回しにして料理の研究に没頭していては本末転倒。世の多くの主婦が生活を送る中で家事をしているわけで、料理研究家も自身の仕事を行うかたわらで家事をしなければいけません。

少ない時間をやりくりして育児などの家事を行う必要があるため、多忙な毎日はさらに忙しくなります。

離婚によるデメリット:イメージが崩れる

もしも料理研究家が離婚すると、家庭的なイメージを崩すかもしれません。先に紹介した小林カツ代の事例でも、小林本人は自身の離婚をほとんど語らなかったそう。それは家庭的なイメージを崩したくなかったからではないかと考えられています。

昨今では離婚する人も増えたため、離婚したことを明らかにして料理研究家としての活動を続けても良いはず。

ただ、家庭を持っていない人物の料理として、評価が割り引かれる可能性は否定できません。それは料理研究家として何よりも許せないことでしょう。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

パイロットの離婚率・離婚する理由:一緒に過ごす時間を増やすことが大切!

飛行機の操縦をして、荷物や人を運ぶパイロット。高収...

2019年07月23日, 離婚

小さなことから大きなことまで!離婚につながる価値観の違い5つ

価値観の違いは重要なものから、小さなものまで数えて...

2019年07月23日, 離婚

3つ以上当てはまったら危険…!よくある離婚の原因7つ

誰しもはじめから離婚するために結婚するわけではあり...

2019年07月23日, 離婚