専門学生の彼氏の作り方や出会いの場を徹底解説:彼氏が欲しい専門学生必見!

専門学生の彼氏の作り方や出会いの場を徹底解説:彼氏が欲しい専門学生必見!

Saras編集部
公開, 更新 , 出会い

専門学校で過ごす18歳からの2~3年は、人生においても大切な時期。「自分の好きなことを勉強したい!」と思って入学した専門学校だとしても、勉強だけでなく、彼氏を作って恋愛もしたいと思うもの。

しかし、専門学校に入学してから彼氏ができないと悩む女性が多いのも事実。専門学生特有の悩みや、彼氏を上手に作るコツを紹介するので、彼氏が欲しい方はチェックしましょう。

目次

彼氏が欲しい専門学生の悩み

student

彼氏ができない専門学生は、どのような悩みを抱えているのでしょうか?専門学校に通う女性が抱える悩みを紹介。

勉強が忙しい

2~3年で卒業を迎える専門学校は、大学と比べると授業の密度が濃いのが特徴です。専門学校では学年が上がるにつれ実習が多くなるので、最高学年にもなると自由な時間はほとんどなくなります。

そのため専門学生の多くは出会いを探している余裕もなく、付き合えたとしても恋愛に費やせる自由な時間が少ないと言われています。

男性に出会う機会が少ない

専門学校は、4年制大学に比べると学生の数が少なく、サークル活動も活発ではありません。大学であれば授業やサークル活動で異性との関係を深めることができますが、専門学生には難しいよう。

また、専門学校の生徒はアルバイトをする時間が少ないです。そのため、専門学生の多くは異性と出会う機会が少ないのです。

異性の幅が狭い

専門学生は、学内でしか日常的に異性と接する機会がないため、その多くが同じクラスメイトに目を向けがちです。男性の少ない専門学校では、その限られた男性ばかりに目がいき、恋愛としてうまくいかないパターンが多いよう。

またクラスメイトとの恋愛は学内ですぐに噂になります。クラスメイトとの恋愛が上手くいかなかった場合、その後に一緒に授業を受けることが難しくなる可能性があり、同じ学校内での恋愛に踏み切れないようです。

専門学校生と相性の良い男性の特徴

student

高校の同級生

高校の同級生は専門学生と相性の良い男性の代表。同級生であれば、既にお互いの人柄が分かっているので、きっかけさえあればトントン拍子に話が進むはず。

疎遠になってしまっているようであれば、「久々に地元に帰るから会わない?」「高校の同期で集まらない?」などと何かしらのアクションを起こす必要があります。

最近ではインスタグラムなどを通じて、自然にコメントを残し関係を復活させる人も多いです。

専門学校の卒業生・先輩

専門学校の先輩であれば、忙しいあなたの事情を理解してくれることでしょう。すでに卒業している先輩であれば学内で噂になる心配もありません。

また先輩から、将来希望の仕事の話が聞けたりするのもメリットです。将来に渡って関係が続く可能性があります。

自由な時間が多い大学生

同じ専門学生ではなく4年制大学に通っている男性と付き合うといいかも。特に文系の大学生は学校の授業もそれほど忙しいわけではなく時間にゆとりがあります。そのため二人で会う時間は、あなたの空いている時間に合わせてもらうことが可能。

ただし相手はサークルやアルバイト、飲み会など、専門学生とは異なる生活を送っているため、互いの理解が必要です。

社会人

すでに仕事をしている人であれば、専門学生の忙しさへの理解もあるでしょう。専門学生として勉強に励むあなたと、仕事に励む相手であればお互いにバランスが保てそうです。

会う時間は少ないかもしれませんが、相手が余裕のある大人であれば関係は長続きするはず。

専門学生の出会いの場

student party

同窓会に参加する

高校の同窓会が開催されたらなるべく参加しましょう。高校卒業後はイメチェンする人が多く印象が変わるため、高校在学中は興味のなかった異性も恋愛対象になるかもしれません。

高校時代は仲が良くなかった人と連絡先を交換するなどして、次回のデートにチャンスを繋げましょう。

友達の紹介

専門学生の中には、広い人脈を持った学生もたくさんいます。自分一人で出会いを見つけることができない場合は、その友人を頼ってみるのもいいでしょう。

友達から紹介してもらう際のメリットは、あなたの性格を理解した上で合う人を紹介してくれる可能性が高いところ。

紹介相手も、友人の共通の知人ということであれば、全く知らない人よりは信頼がおけるはずです。なるべく日頃から、自分の趣味やこだわりを友人に話しておくと、ぴったりの人を紹介してもらえるかもしれません。

合コンに参加する

専門学生同士の合コンや、友達がセッティングした専門学生以外との合コンには積極的に参加しましょう。なかなか学外で異性と出会う機会は少ないので、友人を増やすという意味でも合コンはおすすめ。

専門学生以外との出会いを望むなら、小中校の同級生に男性メンバーを集めてもらい、自ら幹事として合コンをセッティングしましょう。

SNSを駆使する

TwitterやInstagramなどのSNSは、専門学校で培ったファッションや美容の知識を活かすことができる場所であり、最近は学生ながらインフルエンサーとして活躍する若者も増えているようです。そんなSNSをきっかけに異性と繋がることも可能。

SNSならわざわざ出会いの場に足を運ばなくても、素敵な異性を見つけられます。最初はコメントを残しつつ、それをきっかけにDMなどを送る関係になればチャンス。まずは気になる人をフォローしましょう。

マッチングアプリを活用する

「友達の紹介や合コンをしてみたけど、いつもうまくいかない」「初対面の人と関係を築くのは苦手」と感じている方には、マッチングアプリはおすすめ。

マッチングアプリは出会いを目的としたスマートフォンのアプリで、最近では若者が出会う場として活用されています。はじめから異性を求めている人と出会えるので、付き合うまでのステップが明確。余計なやりとりは不要です。

希望の条件やステータスを絞って検索できるので、合コンなどで闇雲に多くの男性に会うよりも効率よく相手を見つけることができます。

Pairs(ペアーズ)

800万人もの登録者がいるPairs(ペアーズ)は、日本最大級のマッチングアプリ。Facebookと連携させるため、1人1アカウントとなり、サクラが少ないことで有名です。

Facebookにはペアーズを使っていることはシェアされず、友人には一切バレません。趣味や職業などの条件を絞って相手を検索することが可能。女性は登録無料なのでぜひ試してみましょう。

無料で出会いを探す[ペアーズ]

Omiai

Omiai

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す

ハッピーメール

ハッピーメールは、マッチングしなくてもメッセージのやり取りが可能で、とにかく多くの男性と出会いたいと考えている方におすすめのアプリ。

ペアーズやOmiaiと比較すると、フランクな出会いを求めている利用者が多く、真剣な恋愛というよりは遊び相手を探している人が多いです。

登録時に電話番号の認証が必要なため、本人確認が行われており、安全に運営するためのサポート体制は万全。女性は無料で使えるので、ちょっとした遊び相手がほしい人はぜひ使ってみましょう。

ハッピーメールに登録(18歳以上)

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

主婦だけどナンパされちゃう?狙われやすい主婦の特徴

世の中には、結婚しているにも関わらず、街を歩いてい...

2019年07月23日, 出会い

男性に効果的なボディタッチの方法7選:さりげなく触ることが大切!

ボディタッチは体と体が触れる特別な行為。男性は気に...

2019年07月24日, 出会い

救急救命士と出会う方法5選:イベントに出掛けて自然に出会う!

救急救命士は、救急車に乗り、車内で怪我や病気の患者...

2019年08月27日, 出会い