恋愛・結婚を応援するメディアSARAS[サラス]
    パイロットの離婚率・離婚する理由:一緒に過ごす時間を増やすことが大切!

パイロットの離婚率・離婚する理由:一緒に過ごす時間を増やすことが大切!

Saras編集部
公開, 更新 , 離婚

飛行機の操縦をして、荷物や人を運ぶパイロット。高収入で格好良い人が多いというイメージがあり、女性にも人気があります。

しかしパイロットは仕事の時間が長く、結婚しても一緒に過ごす時間をほとんど取ることができないため、気持ちにズレが生じ離婚につながってしまうケースが多いのが現状です。

パイロットの離婚事情

パイロットの特徴と離婚率

パイロットは男性もあこがれる職業の一つ。給料が高く、能力の求められている仕事だからこそ、男性も魅力の溢れる人が多いです。

年収はイメージ通り高く、日本の大手エアライン2社ともなると、平均で1000万円を超えるとも言われています。その他の航空会社でも800万円前後あり、パイロットは全体的に見ても高収入です。

また、人の命や大切なものを預かる仕事というだけあって、パイロットは責任感があり、真面目な人が多いのが特徴。結婚してからも、頼れる存在になってくれるでしょう。

そんなパイロットの離婚率は低めです。やはり、頼れる性格や、年収の高さが離婚率を下げる要因となっているのでしょう。

忙しさによるすれ違い

パイロットは毎日飛行機で非常に長い距離を移動しています。乗客を危険にさらさないためにも、時間外労働は禁止されていますが、操縦する飛行機によって勤務時間はばらばら。

朝1番の便だと出勤時間はまだ日が昇る前の時間であったり、家族と過ごす時間にすれ違いが生じることもあります。

また国際線は世界各国を飛び回ることになるので、3日以上家に帰れないこともあります。そういった仕事のスタイルの不規則さや、長期間家にいられないことなどが原因で、夫婦間に溝が生じてしまうことも。

それが深まることで最終的に離婚してしまうケースも少なくないようです。

健康維持によるストレス

パイロットは毎日仕事をしながら、同時に健康管理にも気をつかわねばなりません。パイロットとして働くには、1年に一回身体検査を行い、それに合格する必要があります。

血糖値や血圧を正常値に保つのは、加齢とともに厳しくなることも。そういった健康面のサポートは家族の協力がないと成り立ちません。

食事や運動面において、パートナーも気をつかう必要があり、ストレスになることも。

そういったストレスがたまることで、やがて離婚のきっかけにつながります。健康管理はどの夫婦でも大切なことですが、仕事の存続にかかわることともなると、その責任は重大。

非常に大きなストレスがかかることも容易に想像できます。

離婚のデメリット

パイロットは長い期間家を空けることが多いので、家の食材管理や家事が疎かになりがちです。家族がいればそれらを任せることができるのですが、離婚してしまえば帰宅後に待っているのは溜まった洗濯物や埃まみれの床。

ストレスの溜まる仕事だからこそ、それを陰ながら支えてくれる家族を失うことは大きなデメリットと言えるでしょう。

離婚を防ぐには?

パイロットが離婚を防ぐためには、スケジュールの管理を家族とともにしっかりすることが必要です。勤務時間が不規則とはいえ、年収は高いのでパートナーが専業主婦でも十分な生活ができます。

仕事が休みの日は家族で予定を立てて出かけたり、休養にあてるなど、家族との過ごし方を考える時間をつくるだけで離婚のリスクは激減するでしょう。健康面の管理においても、習慣化してしまえば苦痛ではなくなります。

仕事のためだと思わず、今後の健康のためだと考え、食事や運動のサポートをすることで、老後も健康的な生活を送ることができるでしょう。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

離婚届を書く時の注意点:落とし穴に気を付けて!

離婚することが決まり離婚届を書くとき、どんなことに...

2019年07月23日, 離婚

子どもの意見も聞こう!離婚後の子供との面会で確認しておきたいこと

離婚する際、子供と、離れて暮らすその子供の親とのこ...

2019年07月23日, 離婚

最低限知っておきたい!家庭裁判所に離婚を相談する時の注意点5選

いざ離婚を決意しても、夫婦だけでは話がまとまらずに...

2019年07月23日, 離婚