[男女別]結婚に迷う心理まとめ:経済的不安が迷いを生じさせる!?

[男女別]結婚に迷う心理まとめ:経済的不安が迷いを生じさせる!?

Saras編集部
公開, 更新 , 結婚

お付き合いをしている相手との結婚に迷っている。そんな人も少なくないのでしょうか。

今付き合っている相手のことをどれだけ大事に想っていても、結婚をして一生夫婦として生きていくとなると、多少の迷いや不安はつきものです。

ではどのようなことが結婚を迷わせてしまう要因になるのでしょうか。今回は今の恋人と結婚したい人が知っておきたい、男女別の結婚に迷いを感じる心理をみてきましょう。

もし結婚したいけれど相手が結婚に踏ん切れない人は、自分に当てはまるところはないかチェックしてみましょう。

結婚に迷う心理:女性編

女性側はどんなに好きな相手に対しても、心の中はしっかりと現実的な考えを持っています。女性は何が理由で結婚に踏み込めなくなってしまうのでしょうか。

相手の両親と合わない

恋人関係と違い結婚をして夫婦になると、お互いの両親や家族との付き合いが当たり前になります。

これから自分の義理の親となり、将来的に同居をするなんてこともあるので、できるだけ良好な関係づくりをしたいものです。

また女性の場合、男性の家に嫁ぐので特にお姑さんとの関係性は重要になってきます。いくら彼のことが好きだとしても相手の家族と仲良くなれない場合、結婚に踏み込むことは難しくなるでしょう。

彼の金銭面が心配

結婚を意識すると、女性は現実的なことをまず考えます。

妊娠、出産をして仕事ができなくても相手の収入だけで暮らしていけるのか、自分が理想とした暮らしを、相手と一緒になることで現実にできるのか、などが挙げられます。

男性側からすればシビアに聞こえるかもしれませんが、女性にとって大事なことなのです。

他にいい人が現れるかもしれない

女性はいくつになっても、それぞれに理想の結婚像を持っています。自分の理想を全てを満たしてくれる人というのは、簡単には見つからないものです。

そのため結婚を意識できる相手でも、他にいい人がいるのではないか?と思い、結婚に迷いが生じてしまうのです。

結婚に迷う心理:男性編

現実的に考える女性と違い、男性は自分の現状に対して自信のなさが結婚に踏み切れない理由になっているようです。

ではどのように結婚に対しての迷いを抱えているのでしょうか。

仕事が忙しい

複数のことを同時に行える能力のある女性に対して、多くの男性はひとつの物事に対してのみ、力を発揮することを得意とする性質を持っているのです。

もし仕事が忙しかったり責任を伴う環境にいるのであれば、他の物事に対して目を向けることが難しくなってしまいます。

相手との結婚を考えていたとしても、自分に余裕がないと踏み切れないと考えている人は多いのです。

自由でいられなくなる事への不安

結婚をして家族が増えれば当然一人で過ごす時間は減るかもしれません。結婚を意識すると、独身の今だからできる自由な時間を失いたくないと感じてしまうのです。

友人と朝まで飲み歩くこともできませんし、自分の給料を豪快に使うこともできなくなります。周りの独身の友人が多いと特に、まだ独身でいいかなと感じることも多いでしょう。

自分の経済面で養えるか不安

女性は相手の収入に対して不安を感じる一方、男性は自分一人の収入だけで家族を養っていけるのかという不安が、結婚に対しての一つの妨げとなっています。

今の収入でこの先生活していけるのかと考えると、もう少しキャリアを積んだり、仕事を安定させてから結婚した方がいいのではないかと考えてしまい、踏み切れなくなってしまうのです。

結婚を迷う心理 まとめ

男女での結婚に迷う心理の違いを紹介しました。

相手に対しての誠実な気持ちがあればあるほど、結婚生活に対して冷静に考えてしまうものでしょう。

しかし、しっかりと相手との未来を考えることは結婚を長続きさせる秘訣でもあるのです。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

結婚して勝ち組になる5つの方法:交際は2年で決める!

晩婚化が話題になる今の時代。仕事や趣味に忙しく、恋...

2019年08月27日, 結婚

駐妻の生活の実態は?豪華だが孤独?メリットデメリットを紹介

駐在妻というと海外で働く夫を支える一方で、異国の文...

2019年07月23日, 結婚

結婚生活に疲れる理由と解決法:原因は生活習慣?体の相性?

SNSをみればかわいい子供の写真や家族のイベント報...

2019年07月23日, 結婚