恋愛・結婚を応援するメディアSARAS[サラス]

ソフレとは?ソフレのルール・メリットと男の本音を紹介!

Saras編集部
公開, 更新 , モテテク

近年、新しい男女の関係として人気を集めているのが「ソフレ」という関係です。セックスや性的なことは一切無く、添い寝などをするためだけに友好関係を結ぶ関係性のようですが、ソフレには明確なルールやメリットが存在するのでしょうか?

また、ソフレを受け入れてくれる男性は、本当はこの関係性についてどう思っているのか、気になる方も多いでしょう。そこで今回は、ソフレのルールや、本当は男性がどう思っているのか、その本音について掘り下げてご紹介していきます。

ソフレとそのルールについて

ソフレとは、「添い寝してくれる友人」のことです。セックスフレンドが「セフレ」と呼ばれていることに関連付けられて新しく名付けられた、男女の関係の名称のようですが、果たして具体的にはどのようなことをするのでしょうか?

ソフレでは、性的な体の関係は一切ありません。添い寝をしたり、寄り添うだけの関係です。そのため、布団に男女が一緒に入っても一切何も起こりません。これに対して、大多数の人が「ありえない!」と言っています。

しかし、一方で、この何もしない添い寝だけの関係に安心感を覚える人も一定数います。添い寝だけをするというルールに半信半疑の人もいるようですが、1度体験するとその心地よさにはまってしまう人もいるのです。

ソフレに対する男性の本音

ソフレは、添い寝をすることを目的とした男女関係の新しい形ですが、その形態に半信半疑の人もいます。実際男性にソフレについて聞いたところ、大多数の人が「手を出さない自信がない」と答えていました。

このように、男女が同じ布団に入って寝ることで、そういった気分にならないことは珍しいことが分かります。しかし一方で、お互い性欲を感じないから、この関係が心地いいと感じている、といった意見も存在しているのです。

下心がない関係性であれば成り立つのでしょう。しかし、少しでも下心をもってしまうと、ソフレという関係は成り立たないことが分かりました。

ソフレのメリット

ここからは、男女別のソフレのメリットについて考えていきます。まず、女性にとってのソフレのメリットは、妊娠などの心配がないことです。セフレや恋人関係になってしまうと、肉体関係が発生してしまいます。

セックスは相手を好きだからこそのスキンシップですが、誤った方法を繰り返すことで妊娠や病気のリスクが高まるのも事実です。

その点、ソフレであれば妊娠や性病のリスクを感じることなく過ごせるので、安心して添い寝を楽しむことができます。

男性にとってのメリットは、恋人関係でないことで楽に接することができる、という点です。セックスをしてしまうと、恋人なのかセフレなのか、などでもめることが多く、簡単に関係を切れずに面倒な思いをしがちです。また、責任も伴いますから、デメリットの方が多くなります。

しかし、ソフレは「添い寝をする」だけの簡単な関係です。そのため、気分転換や精神的な安らぎを感じるためだけの関係性なので、いざこざに発展することがすくないというメリットがあります。

このように、男女によって得られるメリットは異なりますが、利害が一致することでソフレという関係を楽しむことができるのです。

ソフレ探しのコツ

ソフレは、添い寝してくれる下心のない相手を探すことが非常に重要なポイントになります。そのため、少しでも下心のある相手と寝てしまうと、あわよくば、と思われてしまい、様々な問題に発展しかねません。

このことから、ソフレを探す際は慎重になる必要があります。男性の本音的に、好印象を抱く女性と同じ布団で寝ることになったら、下心をもってしまう可能性があるのは、男性の本能です。

しかし、病気や妊娠の可能性を避け、快適に過ごしたいがために求めるソフレとしては適切ではありません。

そのため、絶対に手を出す心配のない異性を探す必要があります。純粋なソフレを求める人は、相手の人としっかりと話し合い、理解しあった上でソフレという関係になることがおすすめです。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

「ヤマアラシのジレンマ」とは:恋愛の心理や解決法を紹介

「ヤマアラシのジレンマ」という言葉を知っていますか...

2019年07月23日, モテテク

受け身な人の特徴と恋愛傾向10選:人に甘えるのが苦手!

日本人と外国人を比べた時、圧倒的に外国人より日本人...

2019年07月23日, モテテク

好きな色を選ぶだけのカンタン恋愛心理テスト!あなたと彼の相性は?

「あの人はいつも黒っぽい服装しているな」とか、「あ...

2019年07月23日, モテテク