恋愛・結婚を応援するメディアSARAS[サラス]
    年収600万の男性と結婚する5つの方法:エリートが惹かれる女性とは

年収600万の男性と結婚する5つの方法:エリートが惹かれる女性とは

Saras編集部
公開, 更新 , 婚活

あなたが結婚相手に求める年収の条件は何ですか?単純な年収の額面、もしくは自分よりも年収が高いことなどでしょうか。

Money Forwardが2014年に実施した独身男女のお金実態調査によれば、婚活中の女性が男性に求める平均年収は640万円という結果が出ました。

しかし、婚活で年収600万円以上の男性と出会う機会はそう多くありません。今回は年収600万円の男性と結婚する方法をご紹介します。年収600万円以上が惹かれる女性の特徴もまとめたので参考にしてみてください。

年収600万円以上の男性と結婚するために

まずは現実を認識する

民間給与実態統計調査によれば、2013年の男性の平均年収は511万円でした。この結果を見ると、年収600万円は平均年収を少し上回る程度なので、それほど高望みでない印象を受けます。

しかし、この統計には、未婚男性のみならず、既婚男性の年収も含まれていることに注意すべきです。

そして、山田昌弘中央大学教授が2002年に実施した調査によれば、東京在住の未婚男性(25~34歳)のうち、年収が600万円以上なのはわずか3.5%でした。

この結果を見ると、婚活で年収600万円以上の男性に出会うことは稀で、出会ったとしても競争率は極めて高いことを認識する必要があります。

第一印象で先行する

婚活において、第一印象が重要なのは言うまでもありません。たとえば、婚活パーティでは1人の男性と話をする時間は限られているので、第一印象でほかの女性より先行することを考えるべきです。

第一印象は外見で決まってしまいますが、ここでの外見とは単に顔形が整っているか否かではありません。服装、髪型、メイクなどを含む、全体的な雰囲気のことを指します。

キーワードは清楚&ナチュラル

服装、髪型、メイクなどを工夫すると言っても流行を追う必要はありません。また、露出が多過ぎる服装もおすすめしません。清楚で女性らしい服装を心がけましょう。さらに、男性は過度のメイクを好まない人が多いので、ナチュラルなメイクの方が良いでしょう。

あなたに似合うオシャレ

どんなオシャレが似合うかは人によって大きく異なります。そこで、あなたに似合う服装、髪型、メイクを選ぶことが重要です。間違っても年下のファッションを真似て、無理な若作りなどはせずに、あなたに似合うファッションを見つけてください。

積極的にアプローチする

男性も「自分に興味を持ってくれる女性」が気になるものです。また、女性に積極的に声をかけるのが苦手な男性もいるでしょう。そこで、婚活パーティに年収600万円以上の男性がいたら、積極的にアプローチすべきです。

カップリングを目指すのはもちろん、できなかったとしても連絡先の交換はしておきしましょう。

そして、連絡先を交換した男性には、その日のうちに連絡し、できるだけ早く2人で会う約束を取り付けてください。時間がかかるほどデートの約束を取り付けるのが難しくなります。

過度に束縛しない

1回目のデートが実現したら、2回目、3回目と回数を重ねて行くことになるでしょう。しかし、次の約束を焦って決めようとするのはおすすめしません。年収の高い男性は仕事も忙しいですし、プライベートの時間も必要なのです。

あなたと過ごす時間を優先させようとすると、男性が束縛されていると感じしまう可能性もあります。

そこで、デート中に次のデートの行き先だけを決めて、スケジュールは改めて調整する位がちょうど良いでしょう。「また会いたい!」という気持ちを表現するのと、相手のプライベートを優先させる心遣いの両方が必要なのです。

趣味を共有する

年収の高い男性は金銭的な余裕があるので、ゴルフ、テニス、釣り、旅行などの趣味にも力を入れている可能性があります。そこで、その男性の趣味をあなたの趣味にしてしまいましょう。

趣味を共有できれば、男性が趣味に費やす時間も一緒に過ごすことができます。また、趣味について色々教えてもらったり、彼と同じ趣味の友達に紹介してもらえたら、2人の距離も近づくはずです。

年収600万円以上の男性が惹かれる女性

ここまで婚活でどのように行動すればモテるか説明してきましたが、そもそも年収600万円以上、いわゆるエリートはどのような女性に惹かれるのか知っておく必要があります。

自立している女性

年収600万円以上の人は、今までどこかで努力をしてきた人達です。そのため、自分のペースを持っていて、それを崩されるのを嫌う傾向があります。

仕事に集中したいときは黙って集中させてくれるような女性が理想です。ある程度の距離感を保ち、お互いが高め会える関係になれると良いでしょう。

賢い女性

ある程度の教養を持っていて、頭の回転が早く、話していて楽しいと感じる相手を好みます。ある程度の天然はかわいいと感じるかもしれませんが、頭の悪い女性を嫌う人が多いです。

急に教養を身につけたり、頭の回転を早くすることは難しいですが、最低限の常識やマナーは意識しましょう。食事のときなどは、常に気を配った方が良さそうです。

おっとりした雰囲気

自分は賢さには自信がないという方は、癒やしを与えられる女性になりましょう。年収600万円以上の男性は一人でも生活していけるため、無理して結婚する必要はありません。

しかし、わざわざ婚活しているというのは精神的な支えを必要としていることが多いです。また、家庭的な女性を望んでいることも多いです。

自分はおっとりした性格ではないという人は、常に笑顔でいるだけでも癒やしは与えられるので安心してください。笑顔で家庭的な女性が年収600万円以上の人の理想な妻といえます。

男性を立てられる女性

場面に合わせて男性を立てられる女性は好かれるでしょう。エリートはプライドが高い人が多いので、下に見られたり馬鹿にされるのを嫌います。状況に合わせて男性を立てられる女性になりましょう。

また、褒めることで男性は喜びます。年収600万円以上の男性は年収や仕事を褒められることが多いので、あえてそこには一切触れずに彼自身の人間性について褒めましょう。

年収600万円以限定の婚活パーティー

年収600万円以上の男性を虜にするポイントを知っても、そもそも年収600万円以上の男性と出会えなければ意味がありません。

年収600万円以上の人は人口が少なく、更に婚活市場ではもっと少なくなります。しかし、年収〇〇万円以上の男性限定の婚活パーティーを定期的に開催しているのが「PARTY PARTY」です。

都内であれば平日の1日で約10のエリート男性限定パーティーが開催されています。中には「年収1000万円以上」という婚活パーティーもあります。

エリート男性限定のパーテイー以外も男性の応募資格として年収500万円以上や大卒という条件があるため、どれに参加しても質はある程度保証されているといえるでしょう。

PARTY☆PARTY[公式]

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

離婚しやすい婚活の特徴4選:婚活中の妥協が結婚後の生活を左右する

婚活から結婚を経て振りかえってみると、幸せな結婚が...

2019年08月27日, 婚活

中高年・シニア向け婚活サイト9選:さまざまな出会い方を紹介!

年齢のせいにして結婚を諦めてはいませんか?この歳で...

2019年07月24日, 婚活

独身男性が後悔しやすいポイントと対策:20代からできることもある!

独身男性の中には、「結婚なんて墓場だ」、「まだ早い...

2019年08月27日, 婚活