甘え上手になる方法と特徴:甘え下手な人も実践できるポイントをご紹介

Saras編集部
公開, 更新 , 女性心理・特徴

あの子はすごくモテるな…そんな人の特徴として「甘え上手」ということが挙げられます。

甘え上手になりたいけど、自分は人に甘えるのが得意じゃない…そんな人のために今回は甘え上手になるためのポイントについて調べてみました。

ボディタッチや目線を合わせて話すことが難しい場合は、男性を惹きつける香水「リビドーロゼ」を使ってみるのもいいかもしれません。

またいい香りの自分の自信を持つことができて、甘え上手の第一歩として人との距離を縮めることも期待できます。
ベッド専用香水「リビドーロゼ」

甘え上手な人の特徴


甘え上手な人の共通点はどのような部分にあるのでしょうか?

ぶりっ子でもなく、特別美人でなくてもさりげなく甘え上手な人は得をしていることがあります。

よく人を褒める

甘え上手な人は、自分に持っていないものをうまく活用するため相手を褒めることが多いです。

甘え上すな人は、素直に人を褒めて男性の自尊心を高めてくれる存在なのです。

単純ですが、褒められて嬉しくない人はいません。

相手に頼ることが多い

男性は弱いものを守りたくなる本能があるので、頼られれば嬉しくなります。

相手に頼ることが苦手な人や、なんでも自分でやってしまう性格の人の場合、些細なことでも良いので頼ってみましょう。

簡単なことでも男性は頼られると嬉しいのです。また、頼み事をしてくれた後は感謝の気持ちと素直に褒めることも大切。

常に笑顔

感謝を述べるときやお願い事をする時、真剣な顔になってしまう人も多いのではないでしょうか。

甘え上手な人は常に無邪気な笑顔で相手に何かを伝えることが多いです。笑顔は相手の警戒心やためらいの気持ちを抑える効果が期待できます。

また、真面目な顔よりも笑顔の方は親近感や好感度が上がるでしょう。しかし、時と場合にもよるので、笑顔の度合いや表情は注意してください。

可愛らしい仕草

甘え上手な人はどこか可愛いと思わせるポイントを持ち合わせています。

上目遣いで甘える人や、小動物のような動きで守ってあげたくなるような人などさまざまです。

また可愛らしい声でお願いされると断れないという男性も多いので、仕草や声も甘え上手な人の特徴でしょう。

甘え下手な人の特徴


では、反対に甘え下手な人にはどのような特徴があるのでしょうか。

自分は甘え上手なタイプなのか、甘え下手な方なのかチェックしてみましょう。

照れやすい

甘え上手な人は、笑顔を向けたり、可愛らしい言動を取ることができますが、甘え下手な人はそれを恥ずかしいと感じてしまいます。

何か褒められても照れてしまってうまく活かすことができないままになってしまいます。

自分が可愛らしい声を出すこと、可愛い行動をすることに抵抗を感じる方は、人に甘えることも苦手な場合が多いです。

頼れない

プライドが高い女性や、男性に負けたくない!と感じている方は、なかなか甘え上手になることができません。

弱い自分を見られたくないと考えているため、素直にお願い事や頼みごとをするのが苦手な場合が多いようです。

気を使いすぎる

周囲に気を使いすぎてうまく自分の願望を発散できないタイプに多いでしょう。

甘えるということが、その人の迷惑になってしまうのではないか?私なんかが話しかけていいのか?などさまざまな心配事が思い浮かび、甘えられないという結果になります。

甘え方のポイント


では、上手に甘える方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

甘え下手な人でも実践できるものもご紹介しているので簡単なものからチャレンジしていきましょう。

また甘え上手だと思っていても、実際は迷惑になっているという場合もあるのでどこまでがボーダーラインなのかもチェックしながら見ていきましょう。

小さな頼み事をする

まずは相手に小さな頼みごとをしてみましょう。特に男性は頼ってくれる女性にかわいらしさを感じるようです。

「これ○○してくれるかな?」「こうしてくれると、すごく助かるな」など、小さなお願いから始めてみましょう。

その際は相手ができることを願いするということ。難しいお願いをしてしまうと帰って相手のプライドを傷つけてしまうので、あなたへの好感度が下がってしまいます。

できる範囲内での小さな頼みごとが最適です。甘え下手な方も話しかけて強制しない言い方で実践してみましょう。

ソフトにお願い

頼みごとと同時にお願いもしてみましょう。「やり方わからないから教えてもらえないかな」「これ持ってもらえないかな」など相手への信頼感を表しましょう。

ただし気をつけたいのが「~して」という、上からのお願いはしないこと。あくまでソフトな言い回しで相手に伝えるようにしましょう。

ボディタッチしてみる

人ごみの多い中を歩くときに、ちょっと相手の服の裾や袖をつかんでみるだけでも、相手には「頼られている」というプライドをくすぐるので効果は抜群です。

また、嬉しい時や楽しいことがあった時も、相手の腕にしがみついたりとスキンシップを図ってみるのもとてもいい方法です。

ただし誰にでもボディタッチをしていると、見られた時に「誰にでもやるんだ‥」と思われてしまうので、さりげなくタッチすることを忘れないでください。

甘え下手な人にとってはハードルが高いかもしれませんが、信頼している人や身近な人ならば不審がられることもないので実践してみてください。

弱音を吐く

甘えることが苦手な人はプライドが高く、自分で解決しようと背負い込んでいる人が多いのではないでしょうか。

たまには、相手に弱音を吐いてみましょう。弱い自分を見せることで、相手に新しい一面や心を開くことができます。また、男性は弱い女性を守ってあげたいと思うのです。

男性の守ってあげたいという気持ちを尊重して、可愛らしいお願い事をすれば聞いてもらえます。

甘え下手な方でも、いきなりお願いするのではなく、自分の弱い部分を出すことから始められるのでおすすめの方法です。

可愛く照れてみる


小さなことでも褒められたら、大げさに可愛く照れてみましょう。

相手もあなたが喜ぶことを期待してほめてくれているので、その反応が大きければ大きいほど、相手はあなたの反応に大きな満足感と好感を得ることができます。

オーバーすぎると引かれてしまいますが、表情や表現豊かな女性は魅力的に見えるので、嬉しいと思ったらしっかりと喜ぶことが大切です。

ツンデレな態度をとる

普段は全く頼らない人がたまにデレるといつも頼っている人以上に効果があります。甘えにもメリハリが大切なのです。

なので、普段は甘えられない人は思い切って甘えてみましょう。普段から甘えている人よりも、ここぞ!という時に甘える人の方が男性は惹きつけられます。

好意は素直に受け取る

頼み事や何かをしてくれた時は素直に感謝を伝えましょう。「ありがとう」だけではなく「~してくれて助かった」「~のおかげ」など相手を立てるような言葉を添えると良いでしょう。

男性は褒められることで自尊心が満たされるので、「次もしてあげたい」「もっとしてあげたい」などと思ってくれます。恥ずかしくても少しオーバー気味に感情を表してみてください。

甘え方とわがままの違い

甘えているつもりでも、相手にわがままと思われてしまっては意味がありません。そのため、甘えとわがままの境界線は重要です。

わがままとは、自分・相手がやりたくないことを押し付けることです。しかし、甘えることは相手がやってもいいかなと思うことをお願いすることです。

この違いが大きく、なにかお願いをする時には一度考えてみてください。

可愛らしく甘え上手になろう


甘え上手な女性は男性のみならず、女性からも愛されます。何をしたら良いのが分からなかったら、自分がされて嬉しいことを心がけましょう。

また、してもらったら感謝を忘れずに伝えることが重要です。甘え上手ではない人は初めのうちは少し恥ずかしいかもしれません。しかし、頼られて嬉しくない人はいないので簡単にできるポイントから実践してみてください。

自分があまり甘え上手じゃないな、と感じている女性は一度この方法を試されて見てはいかがでしょうか?

可愛らしく甘えることができないという方は、まずは男性を惹きつける香水「リビドーロゼ」を使って距離を縮めてみましょう。

「リビドーロゼ」は男性のセクシャルな気分を引き出す成分が含まれているので、男性側が積極的に甘えさせてくれる状況を作り出してくれるかもしれません。


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

男の背中フェチ!女性が好きな男性の背中の特徴・ポイント

男性の背中って思わず見とれてしまうという女性は多い...

2019年07月23日, 女性心理・特徴

モテる女子高生の特徴:笑顔で素直な子が可愛い!

あなたの高校には、モテる女の子がいるでしょう。もち...

2019年07月24日, 女性心理・特徴

周囲をハッピーにする!積極的な彼女の魅力7つ

あなたの彼女は積極的ですか? 自分磨きや自発...

2019年07月23日, 女性心理・特徴