不倫相手と復縁するテクニック:あえて距離を置くことが成功の秘訣?!

Saras編集部
公開, 更新 , 不倫

不倫は世間的には良くないものです。しかし、別れてしまった後に不倫相手への未練が断ち切れなくて悩んでいる人も多くいることでしょう。

では、不倫関係でも良いからできれば復縁したいと思った時には、一体どのような行動を取ったら良いのでしょうか。今回は、不倫相手との復縁を望む心理についてもあわせて紹介します。

不倫が終わる理由

カップルの交際と違って終わる時にはあっけなく終わるのが不倫。では、不倫関係に終止符が打たれる場合、どのようなケースがあるのでしょうか?

罪悪感に耐えきれなくなった

不倫相手への愛情に関係なく、自分の夫や子ども、あるいは相手の交際相手に対して申し訳なさや後ろめたさを感じて既婚者が別れを切り出すケース。

この場合、これといった相手への不満があって別れるわけではないため、振られた側はなぜ自分が振られたのか分からずに大きな喪失感に襲われることが多いです。

結婚相手にバレそうになった

結婚相手に不倫相手との関係がバレそうになった時に、不倫相手よりも自分の結婚相手を選んだケース。

この場合、不倫相手をただの遊び相手としか思っていなかった、不倫相手の方が愛しているけれど現在の生活を崩したくなかった、といった背景が考えらます。

人によっては、結婚相手よりも不倫相手を選ぶという決断をして離婚を考えることもあります。

虚しさを感じ始めた

「将来的に結ばれる可能性がない」ということを意識し始め、独身者側が別れを切り出すケース。

確かに既婚者側が配偶者と別れ、不倫相手と結婚する、ということもあります。しかし、ほとんどの場合において結婚相手を選んで不倫が終了するのが実際のところ。

そこで独身者側が、将来誰とも結婚できないのではないのかという焦りを感じはじめ、別れを選択するのです。

不倫相手と復縁したいと思う心理

不倫相手が特別な存在になっている

不倫をしてしまう人の特徴として、家庭に居場所がない、自分の価値を低く感じてしまう、といったことが挙げられます。

そのため不倫相手というのは、唯一自分を受け入れくれる、弱音を吐ける存在になり、自分にとって特別感のある存在になっていることが多いです。

そして自分自身も「自分だけが相手を理解できる特別な存在」と思ってしまいます。

一度そうなってしまうと、何らかの理由で別れを選択した後もどこかで特別な存在となり、復縁を望んでしまうことがあるようです。

知っている相手の方が安心

一度は罪悪感で別れを選択しても、すぐに寂しくなってしまう人は多いです。

不倫というのは大きなリスクが伴うため、誰とでもできるものではありません。そのため、まったく知らない異性を狙うよりもすでに知っている相手の方が安心できるのです。

また、一度不倫をした相手だと心のどこかで傷つけてしまってもしょうがない、という意識が働くため、気を遣わずに不倫できるというのも理由の一つです。

時間が経つと関係を切ったことを後悔

不倫関係を解消してすぐは、スッキリした、バレる前で良かったと感じている場合が多いものです。

ただ、1週間、1ヶ月と冷却期間を経ることで、だんだん冷静さを取り戻し、不倫関係をやめてしまったことを後悔し始めるケースがとても多く見られます。

自分のことを理解してくれる、身体の相性が良かった、唯一の癒やしだった、など理由は人によって様々ですが、失ってみて初めて自分がどれだけ依存していたか理解できるのでしょう。

こういった人は時間を置いて徐々に復縁を強く望むようになっていきます。

スリルにハマってしまった

不倫というのは、バレたらお互いにとって代償が大きいためスリル満点です。そのため、単調な結婚生活に満足できずに刺激を求めて不倫をした人が多くいます。

一度は足を洗って奥さんを大切にしようと決めたとしても、刺激を求めてしまうという性格はなかなか変えることはできないため、復縁を繰り返してしまうケースも多いです。

不倫相手と復縁する方法

あなたと相手どちらが既婚者であるのかによって、復縁を成功させるポイントは少しずつ異なります。

?あなた=既婚者 相手=独身

?あなた=独身 相手=既婚者

?どちらも既婚者

以下では、上記の3パターンに共通するポイントや、パターン別の有効な方法について紹介します。

イメージチェンジをする

不倫に限らず、再び相手に恋愛感情を持たせるためには何かのスイッチが必要になります。イメージチェンジをすると、相手は別れたことに後悔するかもしれませんし、変わろうと努力をしたことを見た目で理解してくれるでしょう。

髪型や服装のイメージを変えることで新鮮味が出て、相手もあなたのことを見なおしてくれるかもしれません。

別れた後は友達になる

別れた後は未練があっても、自分を見て欲しいからと、周囲をウロウロしたりしつこく声を掛けないようにしてはいけません。相手にうっとうしがられてしまいます。

しかし、完全に離れてしまってもいけません。不倫相手とは友達の関係を続け、さりげなく異性として自分をアピールしていくことが大事です。

連絡を定期的にとる

定期的にメールなどの連絡を取るようにしましょう。内容は、相手があなたのことを負担に思わないような、仕事の内容や連絡事項など、当たり障りのない内容を送るようにしましょう。

こまめに連絡をくれるのは自分に気があるからかも…と相手を悩ませるような内容を送るのが効果的です。

あえて追わない

不倫相手をあえて追わない、というのも復縁に向けて実はとても有効な手段です。

通常、追われる立場になってしまうと余裕が生まれます。自分にまだ気がある、いつでも自分のものにできる、こちらから連絡しなくてもいい、など、相手はどんどんあなたへの価値を低く感じることになってしまうでしょう。

連絡を取らないことで、あなたが遠い存在になるつつあることをアピールできるのです。相手があなたをまた手に入れたい存在だと認識するまで待つ。これが逆に復縁までの最短距離かもしれません。

気楽な関係であることをアピール

不倫解消後、しばらく時間を置いて、相手から連絡が来た場合は、自分が不倫相手としてとても気楽な存在であることをさり気なくアピールしましょう。

不倫はとてもリスキーな男女関係ですよね。例えばメールやLINEでの連絡ひとつとっても、時間帯や曜日、方法など、慎重に細心の注意を払ってやらなくてはなりません。

新しい不倫相手を探すというのはそういった壁をまた一からクリアしていかなくてはならないのです。

そんな労力をかけるより、あなたと復縁して不倫関係を続けた方がリスクも小さく気楽であることを、あなたの気遣いで相手に気づかせてあげると良いでしょう。

結婚相手と別れる意志を示す

これは、自分が既婚者で相手が独身の場合に有効な方法。

一度別れたということは、相手は一度「あなたとは結婚できないだろう」と思ってしまっています。その不安を払拭しない限り、再び不倫関係を築くのは難しいです。

現在の結婚相手と別れる意志があるのか、あるのならそれは具体的にいつなのか、を示すといいでしょう。

相手が結婚相手と喧嘩するタイミングを狙う

これは、自分が独身で相手が既婚者の場合に有効な方法。

既婚者が不倫相手を再びいいな、と思うタイミングとして挙げられるのが、相手が結婚相手と喧嘩した時です。

喧嘩してパートナーと上手くいっていない時、自分のことを優しく包み込んでくれる存在が恋しくなるもの。そこで、ふだんは当たり障りのない内容の連絡をしていたとしても、ここでは一歩攻めてみてもいいでしょう。

相手も会いたいと思っている可能性が高くなります。

不倫相手との復縁テクニックまとめ

独身同士の恋愛の悩みは、友達、家族に相談し、話を聞いてもらうことができます。しかし、そうはいかないのが不倫。

不倫に関する悩みは誰にも言えず、いつまでもつらい状態が続いてしまうもの。

そんな時に、少しでも心を軽くする方法としておすすめなのがLINEトーク占い。不倫相手が現在どんな気持ちでいるのか、復縁はうまくいくのか、などに関して占いの結果をもとにアドバイスしてくれます。

誰にも相談できなくて抱え込んでいる方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

既婚女性が恋愛したくなる心理10選:不倫する原因は夫にも問題が!

女性の社会進出が増えている昨今。主婦でもフルタイム...

2019年07月24日, 不倫

不倫で失う大きな代償10選:社会的制裁や慰謝料の請求などリスクは大きい!

不倫をしている当人は、絶対にバレることはないと思っ...

2019年07月24日, 不倫

既婚女性を好きになってしまった時の対処法まとめ:叶わない恋に向き合うには

たまたま好きになった女性が既婚者だったとき、報われ...

2019年08月27日, 不倫