withに業者やサクラはいるの!?実際に使って検証してみた!

Saras編集部
公開, 更新 , マッチングアプリ

メンタリストのDaigoが監修するマッチングアプリwithですが、マッチングアプリである以上、業者やマルチビジネス勧誘目的で利用しているユーザーがいるのではと心配する人も多いでしょう。

マッチングアプリを使ったことがない方の中には、サクラや業者への疑いから、使うことに対して後ろ向きになってしまう人もいるかもしれません。

ただ、心配している方の予想通り、一般的に業者やマルチビジネス勧誘をするユーザーがいないマッチングアプリはないといっても過言ではありません。

そこで、この記事ではwithにサクラや業者はいるのか、見破る方法などを紹介していきます。

[無料]withで出会いを探す

withにはサクラや業者はいる?

まずサクラや業者ですが、実はマッチングアプリ内には、サクラや業者以外にも悪意のあるユーザーが潜んでいます。

それがネットワークビジネスの勧誘や援助交際目的の人たちです。

withにはサクラがいない!

サクラというのは運営会社に雇われた人たちのことを指して、女性ユーザーのフリをして、男性ユーザーが課金するように仕向ることを目的としたユーザーのことです。

メッセージを1通送るごとに50円ほどのお金がかかる、メッセージ課金型の出会い系サイトでのサクラ行為は、ユーザーを騙してお金を使わせているので違法です。

withのは株式会社アイビーと株式会社イグニスの2社で成り立っており、運営元がしっかりしています。何か不祥事があれば、2つの企業の名前に傷を負わせるリスクがあるので、わざわざサクラを雇うことはありません。

メッセージ課金型のアプリでは、1通送信するごとにお金がかかるので、サクラを雇ってお金を取ろうとする出会い系サイトもあるでしょう。しかしwithは月額制のマッチングアプリなので、いくらメッセージを送ってもお金は変わらないので、サクラを雇うメリットもありません。

従ってwithにはサクラがいないと考えていいでしょう。

業者やネットワークビジネスの勧誘は少ないがいる

最初に業者とは相手に何かしらの不利益がある有害な外部サイトに誘導したり、LINEのIDを入手することを目的としたユーザーです。

次に、ネットワークビジネスは、サプリメントの販売やアフィリエイト・投資の販促、空気洗浄機の営業などを目的としたユーザーを指します。

実際に私は3か月使いましたが、業者らしき人は2人しか遭遇することはありませんでした。

他のマッチングアプリや出会い系サービスでは1ヵ月で10人以上の業者と遭遇したこともあるので、withには業者やビジネス勧誘目的のユーザーが非常に少ないと思いました。

withに関しては、公式サイトで運営会社が業者やネットワークビジネスへの注意喚起を自主的にしているので、サクラや業者は本当に少なからずいるものの、真面目に利用しているユーザーを大切にしている姿勢を感じ取れます。

なぜwithは業者やビジネス勧誘が少ないの!?

私が実際に使ってみて、withに業者やビジネス勧誘のユーザーは少なかったのですが、その理由として4つ挙げられます。

それは、24時間365日の監視・サポート体制の下、本人確認、悪質なユーザーの強制退会・プロフィール非表示、通報システムと集客方法の4つです。

withでは違法ユーザーを見つけたときに、すぐに対応してもらえます。withの対応の早さは評判があります。

また、これは私の主観も含まれるのですが、どうやってユーザーを集めているのかも、業者やビジネス勧誘目的のユーザーが少ない理由なのでしょう。

実際に、withは彼氏・彼女を作ることを前面に押し出してユーザーを集めており、メンタリストのDaigoによる相性診断を売りにしています。

業者やネットワークビジネス勧誘目的のユーザーは、登録者の多いマッチングアプリや出会い系サービスに多く、そういったサービスは「異性と出会う」ことを強調した集客をしています。

withではプロフィール写真で見分けるのが難しい

ネット上や多くの方のイメージの中で、写真は業者を始め怪しい人だと判断する材料になるといった認識があると思います。

たしかに、プロフィール写真で判断するのは有効な方法ですが、withに関してはプロフィール写真で見破るのはけっこう難しいなと感じました。

上述したように、そもそも業者はほとんどいないwithですが、素に近い写真をプロフィールに設定している女性が多く、業者の特徴である過度な加工写真や、どアップの写真を設定しているユーザーはかなり少ないです。

私が3か月使って遭遇した業者らしき女性のプロフィール写真は、ネット上で流れているような業者の特徴に当てはまる人ではありませんでした。

これさえ押さえれば大丈夫!業者の見分け方を7つ紹介

withに業者やネットワークビジネス関係者がほとんどいないとは言え、完全に排除することが難しいのがマッチングアプリの現状です。

withを使うのであれば、業者などにはひとりも遭遇したくないのが本心ですよね。ここではこれさえ押さえておけば、業者やネットワークビジネス関係者を見破れるコツを紹介します。

業者を見分ける上で重要なのはメッセージ内容とライン交換直後の振る舞いです。

メッセージ内容に関しては、公式サイトで運営企業がwith内で実際にいた業者やネットワークビジネス勧誘目的のユーザーの特徴を公開してくれているので、それを紹介したいと思います。

with公式サイトのヘルプにも詳しく掲載されているので、チェックしてみてください。

1.誰にでも送れるようなシンプルなメッセージ

業者は最短のやりとりでLINEやメールへ移行したがります。アプリ内で通報されたりすれば、再登録に期間を要するなど手間がかかるからです。

また、すぐに会おうと言ってくる内容も多いです。一般の女性がなかなか会ってくれないところに、すぐに会いたいと言われれば連絡先を交換してしまいそうですが、注意が必要です。

以下が、典型的な業者のメッセージです。

「イイねありがとうございます(*´ω`*)

ここはきっかけ程度になる早で実際に会ってお話できればって思ってます♪

そんな感じでですけど大丈夫ですか?」

出典:withヘルプ

2.連絡先の交換をなにかと急ぐ

下記のように、LINEに積極的に誘導するユーザーがいたら、高確率で業者の可能性が高いです。

恋愛目的でアプリを試してみましたが…メッセージ交換はLΙNEでお願いしてもいいですか?

私のΙDは○○

よくわからないし、会話なら慣れてる方がいいと思って(*^^)v

ただ今ログインしたら通知が凄いことになってて…(;´・ω・)

よかったらLINEしませんか??

ID教えてくれると助かります♪

出典:withヘルプ

基本的に、マッチングアプリを利用している女性ユーザーはマッチングしたとはいえ、実際に会ったことがない相手とLINE交換することに対して抵抗があります。

3.あくまでも友達関係を強調してくる

彼氏・彼女ではなく友達関係を求めてくるユーザーはネットワークビジネス勧誘目的のユーザーである可能性が高いようです。

私自身は出会ったことがないのですが、withを運営している企業が公式で発表しているため、過去にユーザーから通報があったのだと思います。

ちなみに、下記のように巧妙に友達関係を押し出し、親近感をもたせるようです。

初めまして???* マッチありがとうございます♪ ○○と申します!

プロフィールにも書いた通り、お友達から希望なんですが大丈夫ですか?^^

すぐ恋愛に繋げたがる人が多いので、私はもう場違いかと辞めようかと思っていました。笑

○○さんのような、人との出会いを大切にしてくれる人がいて嬉しいです???*

お休みの日は、どんなことをして過ごす事が多いですか??

出典:withヘルプ

4.出会うハードルの低い場所での待ち合わせを希望してくる

ネットワークビジネスの勧誘をするユーザーは実際に会って説得する、メッセージのやり取りの中でアフィリエイトなどに誘導するの2パターンがあります。

メッセージの中で勧誘する場合は、メッセージのどこかで、投資やサプリメント、健康グッズの商品ページのリンクが貼られてくるため、そこで気づけます。

ただし、これをwith内でやるのは監視の目もあり難しいです。

そこで、「まずは友達から」「一度会って話してみませんか?」と近づいた上で、カフェのような出会うのに心理的ハードルの低い場所を提案してくるケースがあるようです。

下記のようなメッセージがきたら、注意した方がよいでしょう。

オススメのカフェありますよー^ ^

出典:withヘルプ

5.向上心や成長といった言葉で褒める

ネットワークビジネスの勧誘でよくある手口なのですが、向上心や成長といった言葉で褒めた上で、情報商材やセミナーへの勧誘をするといったものがあります。

彼氏・彼女を作るためのwithで、意識高い系な話題を出してくる人がいたら、真っ先に疑いましょう。

下記のようにアクティブといった言葉や、仕事内容に話を振ってくるメッセージが実際にあるようです。

マッチありがとうございます(*^^*) アクティブそうで気が合いそうです!!笑

○○さんは、どんなお仕事されてるんですかぁ??(≧∇≦)?? わたしはリゾート業です

出典:withヘルプ

6.LINE交換をしたら、連絡が途切れた

LINE交換をした途端に連絡が途切れたあるいは、相手がwithを退会していたという場合は、高確率で業者の可能性が高いです。

こちらのLINEだけ知られてお終いです。

そのLINEが、どう使われているかは私たちには分かりません。

7.Facebookの友達が少ない

withではプロフィールでFacebookの友達の数を見ることができます。少し疑わしい人がいたら、Facebookを確認してみましょう。

友達の数が百何人いたら本人である可能性が高いですが、withに登録できるぎりぎりの10人であるなど、少ないようであれば業者の可能性があります。

ただし、Facebookを始めたばかりなど、必ずしも業者であるとは限らないので、まずは様子を見るようにしてください。疑わしい場合、個人情報やLINEのIDは教えないようにしましょう。

万が一、withでサクラや業者に出会った時は

サクラや業者と会ってしまった際は、どのように対処すればいいのでしょうか。3つの対処法について確認していきましょう。

1.運営会社に報告する

サクラや業者の疑いが強いアカウントと出会ってしまった場合には、通報という手段で運営会社に報告するのがおすすめです。

withの運営サポートは徹底しているため、報告さえしっかりとしておけば今後は問題なく快適に利用できます。

2.絶対に関わらないようにする

例え業者やサクラと出会うことが無くても、それらしき女性を見つけてしまうこともあるでしょう。

見つけたくらいではそのまま放置してしまうことが多いかと思いますが、そのアカウントをしっかりと覚えておいた方がいいです。

次に見かけた時にも、絶対に関わらないようにして、いざとなればブロックや非表示などで完全に自分の視野から消してしまうことをおすすめします。

withのブロックについては以下の記事に詳しくまとめてあるのでぜひ参考にしてください。

  • withで相手をブロック・非表示するとバレる?使い分け方を紹介
  • withの業者まとめ

    withをはじめとする定額課金型のマッチングアプリはサクラの存在は、ほぼゼロで、業者やネットワークビジネス勧誘者も運営の監視によって少ないです。

    しかし、運営が公式ホームページで業者のメッセージ例などを紹介しているということは、自分自身で業者を見破り、身を守る必要があることを示しています。

    今回紹介した6つのポイントを押さえれば業者に出会ったとしても適切に対処することができます。

    withは恋愛に真剣な男女が多く集まるため、自身で業者に対処することができれば、素敵な出会いに巡り会える可能性は高いです。ぜひ、withに無料で登録してみましょう。

    [無料]withで出会いを探す

    SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

    多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

    関連した記事

    Omiaiポイントを使ってマッチング率UP!ポイントをお得に増やす方法も

    累計会員数300万人超のマッチングアプリOmiai...

    2019年07月24日, マッチングアプリ

    Omiaiの退会後の再開方法について:新しい出会いに繋がるメリットも!

    Omiaiに登録したが、一回退会して再開したいと思...

    2019年07月24日, マッチングアプリ

    ゼクシィ恋結びで結婚できるって本当!?ゼクシィ恋結び婚活のメリット・デメリットを紹介

    今の時代、仕事に没頭していてほとんど出会いがない方...

    2019年07月24日, マッチングアプリ