彼氏に嫉妬してしまう原因:気持ちを抑えきれないときの対処法

Saras編集部
公開, 更新 , 彼氏の悩み

相手を好きになればなるほど、嫉妬の気持ちは大きくなりやすいものです。

恋愛をしたことがある人派ならば誰でも1度や2度は嫉妬をしてしまったことがあるでしょう。

しかしもし嫉妬してしまったときは、どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は嫉妬しない方法を紹介します。

彼氏に嫉妬してしまう瞬間

モテるアピールをしてくる

こちらが聞いてもいないのに、彼氏の方からわざわざ学校や職場でモテた話をしてきたりする事があるでしょう。彼女は、自分が見えない環境のエピソードなだけに、モテた話を聞けば聞く程不安が募り、やがて嫉妬へと変わっていきます。

他の女の子と仲良くしている

浮気している訳でもないのに、他の女の子と仲良く喋っていたり、楽しそうに電話したりするだけで、自分の彼氏が取られそうな気がして嫉妬してしまいます。その女性が可愛ければ可愛い程、彼氏に対する嫉妬心が強くなってしまうようです。

自分よりも友達を優先する

せっかく彼氏とスケジュールが合っているのに、いざ予定を聞いてみると、あなたではなく友達との予定を優先された時、「何であたしじゃないの?」という感情が湧きます。そして自分を選んでくれなかった事を不満に思い、その気持ちが膨らんで彼氏に対して嫉妬心を抱くようになってしまいます。

恋人に対する嫉妬の原因

そもそも、恋人にはなぜ嫉妬してしまうのでしょうか。以下では、具体的な原因をご紹介してきます。

自分に自信が持てない

自分は恋人と釣り合わないのではないか、もっと素敵な人が現れて心変わりをされてしまうのではないか?と自分に自信が持てない人は恋が終わることへの不安でいっぱいです。

どうしても彼の周辺の女性に対して敵対心を抱いてしまうのです。

本当の信頼関係が築けていない

彼が、頻繁に携帯を気にしていたり、居場所が掴めなかったり、そのような時に浮気を思い浮かべるようであれば、基本である二人の信頼関係を築くことができていないことになります。

愛情を試したい

恋愛という不安定な状況では、自分への愛情が深く本物であることを常に確認しておきたく思うもの、特に女性の場合、出産へのタイムリミットから焦りがでることがあります。

そんなときには特に嫉妬深くなってしまいます。プロポーズの言葉を待ち続けているのです。

ネガティブな思いに囚われている

失敗に終わった恋愛を思い出してしまうことがあります。

自分の嫉妬心から関係が悪くなってしまったと感じている場合など、経験を生かして"失敗を繰り返さない方法”を探れれば良いのですが、どんどん深みに嵌まってしまいます。

失敗の原因は他者にあると考えるとき

人は、失敗の原因を自分以外のものにしたがります。「失恋したのは相手が浮気をしたから」と主張してみても、周りからは「浮気される方にも原因があるのでは?」との雰囲気になったりします。

そのような場合には、離れていった恋人の"新しい恋”に対して嫉妬してしまします。

守りに入ったとき

どうしても失いたくない恋の場合、外敵(浮気相手のみならず、同僚や友人・仕事にいたるまで)から身を守るため、あらゆる手段を考え出します。

このような恋愛が守りに入った場合に嫉妬の炎がメラメラと燃え上がるのです。

彼女に嫉妬されたときの男性の心理

あなたが彼氏に嫉妬している時、彼氏がどんな気持ちでいるかなんて考えた事がないでしょう。彼女に嫉妬されたと感じた時、一体男性はどんな心理になるのでしょうか。

単純に嬉しい

「嫉妬される」=「彼女に愛されている」と感じる男性は、嫉妬される事で彼女の愛を再確認出来た事に喜びを感じます。そして、嫉妬している彼女を見て、「こいつ可愛い奴だな」と思い、そんな彼女と付き合っている事が単純に嬉しかったりします。

面倒臭いし鬱陶しい

例えば、ただ単に女友達と喋っていただけなのに、「昨日話していた女の子は誰なの?」とか「もう女の子と喋るのはやめて」と言われると、男性は鬱陶しく感じます。毎回質問責めにあうのも面倒臭くなり、結果的に単なる嫉妬のつもりが、悪い方向に働いてしまう事もあります。

彼氏に嫉妬しない方法

嫉妬は自分に自信がなかったり、恋人を心のそこから信用できていなかったり、他人と自分を比較して劣等感を感じてしまったときに、湧き上がる感情です。

負けず嫌いな人、感情が豊かな人、少し束縛気味の人などが感じやすい感情でもあります。

そんな嫉妬を抱くのは決して悪いことではありませんが、度が過ぎてしまうと、大好きな恋人と破局してしまう可能性も秘めています。

そこで彼氏に嫉妬しない方法をお教えします。もし今後「あっやばい!今、嫉妬してるかも」と思ったときにぜひ実践をしてみてください。

1.やきもちを焼かせたいだけ、と心得る

もしも彼氏彼女が、あなたの目の前でメール返信に時間を割いてみたり、楽しそうな表情で異性とおしゃべりしたり・・・していたら、嫉妬してしまうかもしれません。

そんなときは、愛情の深さを試されていると考えるようにしましょう。

実際に構って欲しくて、わざと相手を嫉妬させるようなことをした経験はありませんか?今、彼氏彼女も同じことを相手にしているのです。

真に受け止めすぎるのではなく、それは相手があなたに構って欲しいと言っているサインだと思って可愛く「誰と連絡してるの~?」なんて聞いちゃいましょう。

2.正直な気持ちを伝える

「“異性だらけの飲み会”であったり、自分の知らない人たちとの交流には出来るだけ行って欲しくない」というのが本音なのだ、と正直に告白してみましょう。

理由がわからないまま不機嫌な態度をされたりしては、相手もどうすればいいのか戸惑ってしまうことでしょう。

こんな険悪な雰囲気のときの、コミュニケーション不足は恋愛にとって致命傷となります。

何でも言葉に出して正直な気持ちをぶつけてみれば、案外誤解が解けるかもしれません。

3.わが身を振り返る

今、嫉妬の炎を燃やしているアナタ、自分は異性との交流は一切無いのでしょうか?

普通の社会生活を送っていれば恋人以外の異性との関わりを絶つことなど不可能であることくらい容易に理解できるはず。

頭では判っていても感情のコントロールがうまくいかないということは若い人には往々にしてありますが、自分に置き換えて考えてみると落ち着いてくるものです。

4.信頼する

過度な嫉妬心というものは、2人の間に真の信頼が無いから沸き起こって来るのです。

もし異性が多い飲み会に行ったとしても、あなたを心の底から愛していて、何があっても浮気をするような恋人ではない!とあなた自身思っているのであれば、そこまで嫉妬することはないでしょう。

そもそも相手が信じられない恋愛は長続きしません。何をしても疑ってかかっていれば不安要素などキリがありません。

真のカップルというものは、お互いの信頼関係がしっかりしているのです。もう一度、あなたたちカップルの信頼関係がどうなのか、見直してみる必要があるかもしれません。

6.ポジティブな考え方の習慣を身に付ける

恋愛に留まらず、ポジティブ思考でいることは大切です。頭の中が負のスパイラルに嵌まってしまうと恋愛だけではなく、仕事や学業も手につかず失敗の連続…などという目も当てられない状況となります。

気持ちを切り替え、いつもと違うデートコースを考えたり、サプライズ演出をするなどで彼女の反応を見ましょう。

心から喜んでくれたなら、もう嫉妬の心は消えているはずです。

7.気持ちの切り替えの術を身につける

何か失敗してしまったとき、どうしても自分以外に原因を求めてしまいます。失恋にしても、実際は相手に愛想尽かされた結果なのに、「自分は悪くないのに、他の異性に恋人を取られてしまった」と妄想が膨らんだりします。

負のスパイラルにはまり込まない為にも、過去を振り返らない気持ちの切り替えをする習慣を付けておきましょう。

8.新しいことにチャレンジ

人は、何かを始めたり、引っ越しなどで環境がガラリと変わった際には、しばらくの間そのことに意識が集中してしまいます。転居は現実的でありませんから、前から挑戦してみたかった。というもの、スポーツや旅行をはじめてみるのもいいかもしれませんね。

まさに気分転換です。心の垢を落として嫉妬心など忘れてしまいましょう。

9.視点を変える

まず今なぜ嫉妬しているのかを考えてみましょう?恋人が他の異性と仲良くしているのが嫌だから?他の異性の方が自分よりも優れているはずだから、心配なのですか?

そしてその原因がわかったら、視点を変えて考えてみましょう。例えば、もし仮に恋人が他の異性と仲良くしていても、恋人は絶対に浮気しないと思えるのであれば嫉妬はしないはずです。他の異性の方が自分よりも優れていると思うのであれば、自分が相手に勝てると思う特技や長所を思い浮かべてみてください。

少し視点を変えて考えてみるだけで、気持ちがぐっと楽になるはずです。

10.嫉妬を成長エネルギーに変える

強い嫉妬心は、マイナスに作用することばかりとは限りません。

恋人を「いつか自分しか目に入らないくらいに、見返してやろう」という気持ちがあれば、仕事なり、資格試験なりで努力を持続していくエネルギーになり得るからです。

このイライラのパワーを他のところへぶつけて、自分の成長のチャンスにしましょう。

恋人から嫉妬された場合の対処法

ここまで、恋人に嫉妬してしまった際の対処法をご紹介してきました。しかし、あなたがやきもちを焼くのと同様に、恋人もあなたに対して嫉妬をすることもあるかも。

そんなときのために、以下では恋人から嫉妬をされたときの対処法をご紹介していきます。

なるべく秘密はつくらない

こそこそしていたら誰しも怪しがるものです。それが恋人となれば今後の関係に影響してきます。

秘密があることで溝はできてしまうので、嫉妬などちょっとしたことでも関係を崩壊させかねません。オープンな関係は長続きの秘訣です。

相手に好きだということをしっかり伝える

自分にとって相手は一人だということを伝え、不安を取り除きましょう。

改めて好きと伝えることによって、パートナーとの絆も深まります。

逆ギレはせず、相手の気持ちを受け止める

たかが嫉妬とは思わず、真摯に向き合ってあげましょう。相手が感情を抑え込むような解決方法は決して良いものではありません。

次も同じような問題が起こった際に、相手の不満が募ってしまいます。

嫉妬させてしまったことへの謝罪と嫉妬されて嬉しかったという素直な気持ちを伝えましょう。

まとめ:恋人が信頼できない場合は、新しい恋に進んでみよう!

ここまで、恋人に対して嫉妬をしてしまう原因や、対処法をご紹介してきましたが、当てはまるものや、実践できそうな対処法は見つかりましたか?

自分が今、なぜ恋人に対して嫉妬を抱いてるのか、または、なぜ嫉妬されているのかを冷静に考えて、きちんと対処するようにしましょう。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

彼氏が友達を優先する心理7つと対処法:寂しさを解消して別れを防ごう!

自分のことが好きなら誰よりも優先してほしいと思うの...

2019年08月27日, 彼氏の悩み

ついていくか、遠距離恋愛か…彼氏の転勤が決まった時の決断方法

彼氏が転勤することになった時には様々な選択肢が生ま...

2019年07月23日, 彼氏の悩み

一緒にいるとホッとする!彼氏に安心感を覚える瞬間5つ

交際を長続きさせるのに大切なのは、相手に安心感があ...

2019年07月23日, 彼氏の悩み