教師の離婚率が高い理由4選:忙しいためすれ違いが多い!

教師の離婚率が高い理由4選:忙しいためすれ違いが多い!

Saras編集部
公開, 更新 , 離婚

教師は非常に離婚率が高い職業としてとても有名です。多忙な職業の一つである教師は、公務員で給料も安定していますし、周囲からの評価も高くなりやすいため、結婚相手としては一見理想的に思えます。

では、教師を務める人で一度結婚しても離婚を選んでしまいがちなのはなぜなのでしょうか。今回は教師の離婚が高い理由についてまとめました。

もし今、教師と付き合っていて、この先結婚したら上手くやっていけるのかどうか不安だと悩んでいる人は、電話占いヴェルニで一度相談して見てはいかがでしょうか。

ヴェルニで相談する占い師は、厳しいオーディションを勝ち抜いた優秀な占い師なので、安心して相談することができます。

当たる電話占いヴェルニ

多忙なため家庭内ですれ違いが生じる

教師はとても忙しい職業です。毎日夜遅くまで残業することもあれば、休日に部活の顧問などで出勤することもたくさんあります。周りからも見ていて「いつ休むの?」と思えるような、激務の職業であることは間違いないでしょう。

すると、当然ながら結婚しても家庭を顧みたり、夫婦の時間を大切にする余裕を持てなくなってしまいます。共働きで結婚相手も仕事で忙しいともなれば、何日も会話をしていないことが続く場合もあるでしょう。

そうなると、もはや夫婦でいる意味がなくなってしまいます。子供がいれば子供のことを思い、離婚までは踏み切らない教師も多いですが、もし子供がいなければ結婚生活に意味を見いだせず、離婚を選んでしまうことは多々あります。

教師同士の結婚が多い

教師同士での結婚が多いことも、教師の離婚率が高い原因の一つです。一見、同じ職場で恋愛結婚し、結婚後も話が分かる者同士うまくいきそうな印象は受けるでしょう。

しかし、実際のところは教師同士の結婚でうまくいかない夫婦もたくさんいます。というのも、教師同士が結ばれると職場が同じ、もしくは近い場所で働くことになるので、ささいな喧嘩でも家庭内でイザコザが起きてしまったときは非常に気まずいです。

お互いに良い意味で一人の時間を作り息抜きすることが無く、家でも一緒、職場でも一緒というのがかえって負担になってしまうことが多い傾向にはあります。そのため最終的には離婚を決意することになる教師夫婦が多いのです。

教師はストレスがたまりやすい職業

教師はとてもストレスがたまりやすい職業としても有名です。そもそも仕事量が多く激務である中、多感な子供たちを相手にする仕事ですから、精神的にまいってしまう人は非常に多いと言います。

そのストレスをなかなか発散できず、家庭に持ち帰ってきてしまうとどうなるでしょうか。八つ当たり的にストレスを結婚相手にぶつけてしまうことになり、いつもは怒らないことでもカッとなってしまうことは出てくるでしょう。

すると夫婦の関係にも大きな亀裂が入ってしまうことになり、結果として離婚に結びついてしまうのです。

教師に対する期待値が高すぎる

教師と言うと、完璧な教育者をイメージしがちなものです。しかし、教師も一人の人間ですから、人柄も知れば一般の人と比べて何も変わらないところはたくさんあります。

そのため、教師というだけで人格もとても優れていることを結婚相手が過剰に期待してしまうところがあり、勝手に幻滅されてそれが離婚に繋がる場合も多いのです。

教師を勤めている人と付き合っていて、この先結婚しても大丈夫なのか不安だと悩んでいる方は、一度電話占いヴェルニで相談してみるのも良いでしょう。

ヴェルニには、優秀な占い師が400人以上在籍していて、その中から自分に合った占い師を検索して選べるのでおすすめです。

当たる電話占いヴェルニ

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

僧侶の離婚率・離婚する理由 :宗教の違いが原因になることも

お寺については普段あまり接することがないので、実態...

2019年07月23日, 離婚

裁判できないの?!国際離婚が難しい理由7つ

結婚する時も離婚する時も提出する紙は一枚なのですが...

2019年07月23日, 離婚

離婚の備えは大丈夫?離婚前にやっておくべきこと5つ

離婚するには、大変なエネルギーと時間が必要です。協...

2019年07月23日, 離婚