婚活結婚は離婚率が4倍低い!4つの理由を徹底解説

婚活結婚は離婚率が4倍低い!4つの理由を徹底解説

Saras編集部
公開, 更新 , 離婚

婚活で知り合った相手と結婚する場合、気になるのは離婚率。

恋愛結婚で出会った場合と比べると、結婚後にうまくいく確率は低いのでは?と不安になる方もいるでしょう。

マイナビウーマンが調査したデータによると、婚活結婚の離婚率は10%、恋愛結婚の場合は40%と4倍もの差があります。実は婚活で知り合って結婚するケースのほうが、恋愛結婚した場合よりも離婚率が低いのです。

今回は、なぜ婚活結婚のほうが離婚率が低いのか、その理由を解説します。

婚活で結婚することに対して不安を抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

結婚に対する心構えの差

婚活結婚のほうが離婚率が低い理由の一つとしては、結婚に対する意気込みの違いが挙げられます。

恋愛結婚だと、日常生活をおくる中で偶然知り合った相手と結婚する、というパターンが一般的です。

それよりかは、婚活で綿密に将来を計画したり、理想の条件について検討してから結婚した場合のほうが、その後の結婚生活がうまくいく確率が高くなります。

また、婚活結婚の場合では、婚活の成婚率を上げるために、自分磨きをしながら婚活に取り組む人もいます。

自分について省みる機会があるのとないのでは、その後の人生に対する考え方も変わってくるでしょう。

この差が、恋愛結婚した場合よりも、婚活結婚の離婚率が低い理由だと考えられます。

冷静な判断ができるかどうか

恋愛から、相手とのお付き合いが始まった場合は、婚活で知り合うよりも、お互いにドキドキする状況に置かれているといえるでしょう。

お互いに惹かれ合うことも大事ですが、恋愛のように浮き立った気持ちでは、なかなか冷静な判断ができないものです。

将来を見据えるのならば、結婚するにあたって相手の条件はどうなのか?自分の生活と折り合いをつけて、うまくやっていけるのか?など、冷静に考える機会も必要となります。

その点では、婚活で結婚した場合のほうが落ち着いて考慮できるので、恋愛結婚よりも有利であると言えます。

客観的なアドバイスがあるか

恋愛から始まる交際においては、特別な事情がない限り、相手との関係について口出しされる機会は少ないでしょう。

しかし、理想の結婚生活を目指すのであれば、第三者の客観的な意見が必要なときもあります。

婚活では、アドバイサーや専用のスタッフなどがついているため、自分や自分の親族が判断するよりも、より冷静で、客観的な視点から感じた意見を聞くことができます。

ですから婚活の方が、相性の良い相手と出会える確率が高いと言えるでしょう。

恋愛と結婚についての考え方の差

最高だと思える恋愛をしていても、結婚へ踏み切るとなると、必ずしもうまくいくとは限りません。

いずれ結婚生活を送る中で、今まで夢中になるあまり気が付かなかったような、現実的な問題も見えてくることでしょう。

生活や習慣の不一致などは、好きという気持ちだけでは許容しづらいものです。

婚活では事前に条件に一致した相手かどうか調べることで、こうした問題が起こることを回避できるのです。

終わりに

上記で説明したとおり、婚活で結婚した場合での離婚率については、あまり心配ないでしょう。

婚活では自分の好みや求める条件に合った相手を探すことができるので、結婚後も不満を持つことが少ないのです。客観的な意見も聞きながら結婚を考えられる婚活は、安定した結婚生活を送るためには最適ですね。

婚活での結婚に不安を抱えて躊躇している方は、上記を踏まえたうえで、結婚について考え直してみることをオススメします。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

まずは自分を見つめよう!離婚直前から関係を修復する方法5つ

夫婦関係が悪化してしまい、離婚直前まで話が行ってし...

2019年07月23日, 離婚

事前準備が肝心!離婚で養育費を多く貰う方法まとめ

離婚をする事になってからは、何かと夫婦で話し合いを...

2019年07月23日, 離婚

1位は浮気じゃなくて○○だった!離婚の理由ベスト10

離婚の理由として、昔からのお馴染みは浮気や嫁姑問題...

2019年07月23日, 離婚