同棲で引っ越しするときの注意点:やることリストで効率良く!

同棲で引っ越しするときの注意点:やることリストで効率良く!

Saras編集部
公開, 更新 , カップル

引っ越しするときには、様々な方面への手続きや費用が必要になってきます。

特に同棲の場合、結婚をしているわけではないので、二人の人間が一つの部屋に住むことになり、難しいことも多いです。

しかし二人でうまく協力できれば、一人の引っ越しよりスムーズに進む場合もあります。

特に同棲の場合の引っ越しは、知らずに手続きなどが抜けていると、後からトラブルになったり手間がかかったりしてしまうこともあるので、漏れの無いようあらかじめしっかり確認しておきましょう。

今回は同棲においての引っ越しならではの注意点をご紹介します。

同棲にかかる費用

例えば、彼の住んでいるところへ、あなたが同居人として入る場合、もしくはあなたの住んでいるところへ彼が同居人として入る場合、または二人ともが新しい住人として新居に入る場合では、かかってくる費用は当然ですが異なります。

まず必要な費用は、ざっとあげても、敷金(家賃の1ヶ月分程)、礼金(家賃の1ヶ月分程)、仲介手数料(家賃の1ヶ月分程)、鍵の交換手数料、火災保険、初めの1~2カ月分の前家賃、また引っ越し業者などを利用する場合はそのための費用などがあります。

礼金の必要がないというところや、鍵の交換に関しても大家さんによって異なる場合もありますが、引っ越しの費用として最低でも家賃の半年分は必要と考えたほうが良さそうです。

同棲にあたり生活費だけでなく、引っ越しにかかる費用もどちらがどれだけ負担するかしっかり話合いましょう。

同棲での引っ越し手続き

まず、引っ越し先を確定するまえに、引っ越し希望先が二人の同居が可能かということを確認しておきましょう。

部屋によっては、一人暮らし用で、狭くてもいいから二人で住みたいと住人が思っていても、そもそも受け入れ不可でバレてしまうと罰金を取られるというケースもあります。

あなたの住んでいるところへ彼が、引っ越してくる場合は彼のみ転入・転居届等が必要ですが、二人が新居へ引っ越す場合は二人の転入・転居届が必要です。

また、クレジットカードや銀行、携帯・ネット、郵便局の住所変更、人によっては勤め先で国民健康保険や年金に加入していないこともあるので、そういった場合は手続きが必要なこともあるので注意しましょう。

他にも、電気・水道・ガスの解約と契約など多方面に対して自ら働きかけなければいけませんが、それぞれがやることを分担してうまくやれば比較的容易に作業を済ませることができます。

一度すべてリストアップしたら、どちらが何をするか役割を振り分けていくと、効率よく作業が進むでしょう。

ある程度結婚を意識しておくことが大切

今は同棲イコール結婚とはならないケースが多いですが、一緒に住むことになれば簡単に別れられない状況になってしまいます。

同棲を始めるときにある程度結婚を意識をして生活しなければ後々トラブルに発展してしまう可能性があります。

特に女性にとっては、将来結婚してくれかもしれないと思っているのに、男性は単に同棲したくて、結婚を意識していない場合があるので、はじめの段階でお互いの考えを話し合っておくとトラブルが避けることができるでしょう。

パートナーの経済状況を把握しておこう

一緒に住み始めると、今まで知らなかった相手の一部を知る機会も増えるでしょう。特に金銭関係はトラブルのもになるケースが多いです。実は相手に多額の借金があった、金遣いがとても荒い人だったなど、同棲を続けられない事情を抱えているかもしれません。

最低限のパートナーのお給料がどのくらいか貯金はいくらくらいあるのか把握しておくことはとても大切です。

同棲を始めるときにお金関係の話し合いをしておくとより良い生活が送れるかもしれません。

親にも理解してもらう

同棲をするために住民票や住所変更をする必要があるでしょう。親に秘密にして同棲を始めてもいずれ親にばれてしまう可能性が高いです。中には結婚前に同棲することに反対する親もいるかもしれませんので、親への説明はあらかじめしておきましょう。

同棲する二人はお互い大人なので、親に許可を得る必要はないかもしれませんが、同棲が分かってから親に説明しては反対するかもしれません。

特に女性側の親に説明をするときは、将来どのようになりたいか男性がはっきり説明する必要があります。

この様に考えると、やはりある程度結婚を意識したうえで同棲を始めることになるので、男性側に結婚の意識がないうちは、安易に同棲を選択するのは避けるべきではないでしょうか。

同棲に不安がある人は

引越しの手続きやお互いの両親のこと、将来のことなど、同性するにあたって心配はつきものです。しかし、周囲に同性経験者がいなかったり、何らかの事情で周りに相談できない人もいるでしょう。

そんな人にはLINEトーク占いをおすすめします。

LINEトーク占いでは60人以上のプロの占い師が個別に悩みを鑑定してくれます。メディアや雑誌などで有名な占い師にも相談可能。LINEアプリを使えば登録も簡単、すぐに相談することができます。

同棲を考えている人がいるけれど、心配ごとが多くてなかなか踏み切れない、そう悩んでいる人はぜひ一度、プロの占い師に相談してみてはいかがですか。きっと何かヒントを与えてくれるでしょう。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

7~8歳差カップルに対する世間のイメージは?7~8歳差カップルのメリットとデメリットを紹介

現在、カップルの年の差は2~3歳差が最多となってお...

2019年07月23日, カップル

単純接触効果とは?恋愛における効果的なテクニックを紹介!

気になる異性にアピールするときは、少しでもボディタ...

2019年07月23日, カップル

職場恋愛での告白を成功させるコツ5つ:周囲にバレずにアプローチ

職場に気になる人がいるけど...やっぱり職場は仕事...

2019年07月23日, カップル