あえて趣味に走るのもアリ?!離婚危機を回避する方法7つ

あえて趣味に走るのもアリ?!離婚危機を回避する方法7つ

Saras編集部
公開, 更新 , 離婚

長く夫婦を続けていれば、離婚を考える事は一度や二度はありますよね。他にも、結婚してみたら全然理想と違ったという悲劇や、相手の嫌な面が露呈して離婚したくなった…と思い悩む人が既婚者には多いです。

そこで今回は、離婚の危機を迎えた人達が、どうやってその危機を回避するのかを紹介していきます。

一旦別居してみる

離婚すると決まってからすぐに書類を提出するのではなく、まずは家庭内別居・別居、とお互いの距離を取ってみましょう。

この方法で週末婚の方が上手くいくと気付き、普段は別居し週末だけ家族で過ごすというスタイルに切り替えて離婚を回避できた夫婦もいます。

結論を急がずにまずは距離を作って自分の時間を持ってみましょう。

他人に相談する

離婚危機は自分たち夫婦の恥だと思いあまり周りに言いたがらない人も多いでしょうが、夫婦をしている人達は多かれ少なかれ離婚の危機を必ず一度は迎えているものです。

その時にどうやって回避したのかを聞き、何故自分達がこうなってしまったのかを説明している内に自分の考えもまとまって来て、最終的に離婚以外の方法を思いつくはずです。

趣味に走る

離婚するかもしれないと夫の事を思い悩むと、余計にプレッシャーに感じてしまって、早くスッキリしたいと離婚に踏み切ってしまうパターンもあります。

一旦離婚からは目を背け、自分の好きな事を好きなだけやって気を紛らわせる事も一つの手です。悩まずに自分の時間を思いっきり楽しみましょう!

もう一度カップルになってみる

恥ずかしいと思うでしょうが、意外と有効なのがこの方法。

一度忘れかけていた相手の異性の部分に目を向けて、もう一度恋愛をしてみるのはどうでしょうか?

妻側がオシャレをして夫側へと女をアピールしてみる事で、新鮮さを取り戻して離婚を回避できたパターンもあります。

夫を責めない

話し合いをしようにも、どうしても女性は感情的になりがちな生き物です。だからと言って、夫に対して感情のまま追い詰めるように言葉を投げかけてはいけません。離婚を早めるだけです。

どんな時でも相手を責めずに、「そうだったんだね。」と相手の言葉を受容し、その上で自分の意見や気持ちを冷静に夫へと伝えましょう。

子どもを理由にする

子どもを利用する訳ではありませんが、子どもの将来の為にも両親揃っていた方が良いという説得は夫側にはかなり有効です。

やはり血を分けた大切な我が子の将来に差し支えると考えると離婚を踏みとどまる可能性は高まります。子は鎹といった言葉はまさしくですね。

相手に歩み寄ってみる

離婚を回避したいのであれば、当然相手に歩み寄る努力が必要となります。

普段はお金がかかると咎めていた夫の趣味も、理解して「ここが素敵だよね。」と褒めて、自分も興味があるように振る舞いましょう。何かを共有し合う事で夫婦の絆が復活する場合があります。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

サッカー選手の離婚率・離婚する理由:女性人気が浮気の原因に?

サッカーの熱いプレイを通して、世界に夢と勇気を与え...

2019年07月23日, 離婚

離婚後300日問題の内容と対策法:子どものために知っておこう

明治29年に制定されて現在も施行され続けている、嫡...

2019年07月23日, 離婚

ママの味じゃない!離婚したいと思うマザコン夫の特徴と対処法

<br style="line-height:1....

2019年07月23日, 離婚