人生設計の違い?40代で離婚する原因と対策5つ

人生設計の違い?40代で離婚する原因と対策5つ

Saras編集部
公開, 更新 , 離婚

熟年離婚の増加が話題になってから、すでに10年以上経ちます。

最近あまりテレビなどで取り上げられなくなったのは、減少したからではなく、熟年離婚があまりにふつうのことになったからと考えていいでしょう。

では、何が原因で多くの中高年夫婦が別れてしまうのでしょうか。

そこで今回は熟年離婚の代表的な原因をご紹介します。

40代で離婚する原因

セカンドライフ・プランの決定的な相違

最初は、セカンドライフ・プランの決定的な相違が熟年離婚の理由になるというケースです。

夫は田舎暮らしを望み、妻はそれを強く拒むというケースが多くみられています。

都会に暮らしていた人がリタイア後に田舎へ生活の場を移したい、という話がここ最近ものすごく増えているようです。しかも、ほとんどの場合、それを望むのは男性である場合が多いようです。

しかし、女性はリアリストですから、リアルな生活を考え、「とんでもない」と拒否することでしょう。

また、女性は地域社会とのつながりが強く、現在の住まいの近隣に友人や知人がたくさんいます。その人間関係をすべて断ち切って田舎へ移ることを拒否するのは、当然のことと言っていいでしょう。

妻が早い段階から、「退職金が出たら離婚する」と決めている

続いて熟年離婚の理由に多いのが、妻による「計画離婚」です。

かなり早い段階で、「この人と一生添い遂げるのは嫌だ、できれば離婚したい」と感じている妻はたくさんいます。

夫が現役の間は生活を優先してじっと我慢しているのですが、「夫が定年退職して退職金が出た段階で別れよう」と考えているのです。

多くの妻はその退職金と財産を折半して別れ、新たな人生のスタートを切ろうという、計画を立てています。

スキンシップがなくなったから

スキンシップとは、例えば手を繋ぐような小さな事から夜の営みなどの事です。


女性のなかには、積極的に自らスキンシップを取りに行くことが苦手な人もたくさんいます。

例え夫婦のように気心知れた仲でも、旦那さんが頑張ってスキンシップをとっていきましょう。

旦那さんが頑張らなければスキンシップは日々の生活からどんどんなくなっていき、女性は「愛されてない」と感じ始め、離婚を意識するきっかけになるんだとか。

不倫

不倫は熟年の場合、一回の発覚で離婚まで繋がる場合がほとんどでしょう。

子供がまだ小さい時は、子供のためにも離婚はよくないと考え、なんだかんだ言いながら乗り越えたりするものですが、熟年の場合、子供は大きくなって親の手から離れています。そうなると離婚を止める理由がなくなるのです。

子供のために我慢できた事も、子供がいなくなれば我慢する必要が無いので、一気に熟年離婚の話が進みます。

40代での離婚を回避する方法

腹を割って本音で話し合う

離婚する原因の多くが、コミュニケーション不足です。また、コミュニケーションをとっていても、どちらかが本音を言わずに我慢していることが多いです。

これでは、どんどんストレスが溜まっていき、最終的にはストレスが爆発して、「離婚したい!」と思ってしまいます。

なので、是非相手に本音をぶつける機会を作りましょう。

ここで大事なのは、自分の本音ばかりを相手にぶつけるのではなく、相手の本音も受け入れるということ。

お互いの本音をわかったうえで、夫婦としてどのように解決していくか話し合えれば、これまで以上に絆を深くすることができるでしょう。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

サッカー選手の離婚率・離婚する理由:女性人気が浮気の原因に?

サッカーの熱いプレイを通して、世界に夢と勇気を与え...

2019年07月23日, 離婚

ストレス発散!離婚して寂しい人の対処法5つ

離婚のことで頭がいっぱいだったからこそ、いざ離婚を...

2019年07月23日, 離婚

少しでも迷いがあるならやめたほうがいいかも?離婚したあとに後悔すること7つ

結婚前の交際中はうまくいっていたのに、結婚後一緒に...

2019年07月23日, 離婚