お金のことから裁判まで!離婚の手順5つ

Saras編集部
公開, 更新 , 離婚

離婚したいと思った時「泥沼離婚」は避けたいものです。スムーズに離婚を進めるにはどのような手順を踏むべきなのでしょう。

トラブルにならないように、しっかり手順を踏みましょう。

お金についての話し合い

離婚の手順でまず大切なのは「お金についての話し合い」です。

離婚をする時、慰謝料は請求はするのかや、財産分与、年金の分割をするかなどしっかり話し合いをしましょう。

早く離婚したいという気持ちが大きく、お金の事はどうでもいいから早く離婚したいと考えるのもわかりますが、お金の事はあとでトラブルになりやすいです。

しっかり話し合っておきましょう。

子どもについての話し合い

未成年の子どもがいる場合は、親権をどちらがもつか話し合いをしなければなりません。

養育費についての話し合いも重要。養育費とは子どもの生活費や教育費に使われる費用の事です。

子どもの将来に大きく関わってくることですので、しっかり話し合っておかなくてはなりません。

協議離婚

協議離婚とは、夫婦の話し合いで離婚が成立する事で離婚件数全体の90%を占める一番多い離婚方法です。

期間がいちばん短く済む離婚方法で、裁判所に申し立てをする必要もありません。費用も時間もかからない離婚方法でしょう。

しかしトラブルに発展するケースが多い離婚方法でもあります。協議離婚をするときの大切な手順は離婚協議書を作成することです。

トラブルにならないようにしっかり手順をふんでおきましょう。

調停離婚

調停離婚とは、夫婦での協議で離婚がまとまらない場合に、家庭裁判所へ調停離婚を申し立てをし、裁判所の調停によって合意ができた時に離婚が成立する方法です。

裁判所の調停委員という公的な立場の人が仲介役として、話し合いを手助けしてくれます。

調停は月に1回しか行われないので離婚までに時間がかかることがありますが、第三者が入る事で冷静に話し合いをすることができます。

協議離婚ができない場合は調停離婚になる可能性もある、と考えておきましょう。

裁判離婚

裁判離婚とは、一番費用時間もかかる離婚方法です。

離婚協議がまとまらず、調停をしたにもかかわらず、それでも離婚が成立しなかった場合に、夫婦が家庭裁判所に離婚の訴えを起こし離婚する方法です。

裁判離婚では、家庭裁判所の裁判官が離婚すべきかどうか、夫婦の婚姻関係が破たんしているかなどを基準に判断します。

どちらかが離婚をしたくないといっても、裁判官の判断によって離婚は成立する場合があります。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

経営者・実業家の離婚率・離婚する理由:仕事のストレスを溜めがち!

一度は愛し合い結ばれた二人。それでも結婚生活を通し...

2019年07月23日, 離婚

離婚して後悔すること12選:後悔しやすい人の特徴&後悔しないための対策法も!

離婚するということは、メリットもありますが当然デメ...

2019年07月24日, 離婚

夫と離婚したいのにできない!離婚できない理由とその対処法

夫と離婚したいと思っていても、様々な障壁があって離...

2019年07月23日, 離婚