倦怠期でイライラした時に乗り越える方法10選:思い出を振り返ろう!

倦怠期でイライラした時に乗り越える方法10選:思い出を振り返ろう!

Saras編集部
公開, 更新 , 恋愛

何をするにでもドキドキしていた付き合いたての頃が過ぎ、恋愛が落ち着くと期間は様々ですが倦怠期に陥ることがあります。

それは、付き合うことが新鮮で非日常だったのが、ムリせず自然な日常へ変化しつつある証拠です。

付き合い方をカップルで向き合い、何事にもイライラしてしまう倦怠期を乗り越えることで次のステップに進めて長い付き合いをすることができるでしょう。

今回は、倦怠期を乗り越える方法について紹介します。

倦怠期を乗り越える方法

お互いに「倦怠期」だと認める

慣れたことによる倦怠期なのか、相手への愛情が薄れたのか、判断がつきにくいのが倦怠期の特徴です。

それを認めなければ、愛情が薄れたと勘違いしてしまい、ケンカが絶えなくなってしまいます。

倦怠期を乗り越えるためには、お互いが今は倦怠期なのだと認めてしまうことが大切です。

倦怠期が訪れることは自然なことであり、それを認めることは次のステップに進む準備ができたということです。

長い目で相手のことを考えてみる

最も早く訪れやすい倦怠期が付き合ってすぐの頃です。

彼と付き合ったものの、何かが違うとギャップを感じて冷めてしまうのが原因。

そんなときには長い目で彼の事を見てあげましょう。そうすることでそのギャップも意識することがなくなり、新たなる彼の一面を見つけられます。

1人の時間をつくり、恋愛を見つめ直す

お互いが相手からの優しさを当たり前のように感じ始めることで、倦怠期になっていきます。

一度、1人の時間をつくることで、冷静な状態で恋愛そのものを見つめ直すことが必要です。

「やっぱり彼・彼女が必要だ」と再認識するきっかけづくりになるかもしれません。

友達や家族と過ごす時間を増やしたり、趣味や自分磨きの時間に充てるのもいいでしょう。

その中で、相手から自然に受け取っていた優しさに気付けると、今後の恋愛が明るく見えてくるはずです。

心の中から相手の存在を消してみる

相手への小さな不満の積み重ねのイライラや一緒に過ごす時間が増えることによるストレスが、倦怠期の原因となることがあります。

不満やストレスが、相手のいいところや好きな部分を見失わせているからです。

あえて心の中から相手の存在を消してみることによって、相手に対して残る感情と向き合います。

相手の好きな部分が浮かび上がり、いなくなって後悔するようでしたら、倦怠期を乗り越えることができます。

視野を広げて、ふたりで新しいことに挑戦する

恋愛が非日常から日常的になることで、倦怠期になっていきます。

しかし、恋愛の中に非日常の要素がまったくないのでは、せっかくふたりで過ごす時間がマンネリ化してつまらなくなります。

恋愛の中に非日常を取り入れるためには、ふたりで新しいことに挑戦するのがいいでしょう。

行き慣れた場所でデートするだけでなく、視野を広げて今まで行ったことのない場所でデートしてみましょう。

付き合いたての頃の新鮮な気持ちを思い出すだけでなく、お互いの新たな魅力を発見できるチャンスにもなります。

相手のいい部分や嫌な部分を言ってみる

しばらく付き合っているうちに相手と自分の違いに気づき、イライラして面倒くさいと思うときがあります。

そんなときにはお互いに不満に思っている部分をきちんと伝え合うことで、ストレスを感じることもなくなります。

また、相手の長所を見つけることで彼のいい部分を再認識できることができます。

お互いに尊重し合っている関係が倦怠期を乗り越える方法と言えます。

刺激的に新鮮な気持ちで過ごしてみる

一緒に居てもドキドキしない、イライラする、なんだかこの関係に飽きてしまったと感じた時には、付き合った当初のような新鮮な気持ちに戻ることが大切です。

いつもと違うデートスポットに行ったりすることで、刺激的な日を過ごすことができます。

思い出を振り返ってみよう

「もしかしたらもう彼・彼女に対して愛情がなくなってしまったかも…」と思ったら、昔の思い出を振り返ってみましょう。

昔の新鮮な気持ちも思い出すことで相手の大切さや愛しさを再確認できます。

共通の趣味を作ってみる

お互いに楽しい時間を過ごすことがなくなった倦怠期には、共通の趣味を持ってみることをおすすめします。

共通の趣味を持つことで会話も弾みますし、笑顔になる時間も増えます。昔のようなラブラブのカップルになるには共通の話題を増やし笑顔を絶やさないことがポイントです。

二人で遠出をしてみる

一緒に居てもイライラしかしないのなら、一度二人で旅行に行ってみましょう。

旅行に行くと意外と頼りになる彼の新しい一面に気づいたり、普段とは違った彼女の可愛らしい姿を発見したりすることで、昔のように初々しいカップルに戻れます。

倦怠期の期間中こそお互いきちんと向き合おう

倦怠期を乗り越える方法について、紹介しました。

非日常だった恋愛は、一緒に過ごす期間が長くなるにつれて日常へと進んでいきます。

倦怠期は、恋愛が非日常から日常へと進む、ひとつの過程なのです。

カップルが倦怠期を認め、それと向き合うことは、恋愛の基本の味付けを日常にすることです。

ただ、日常だけではマンネリ化してしまうので、ときには非日常をスパイスにすると、さらに関係が深まることでしょう。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

共通の目標を持とう!同棲の不安を解消するためのポイント9選

大好きな恋人と一緒に暮らせるなんて、想像しただけで...

2019年08月28日, 恋愛

ほのぼのするカップルエピソードまとめ:胸キュンが止まらない!

恋人がいない人も、恋人がいる人でも、最近ときめいた...

2019年08月28日, 恋愛

恋愛できない人の原因と心理の特徴:トラウマを乗り越えて幸せをゲット!

どうしても今は恋愛できない、そんな状態に陥ってはい...

2019年08月28日, 恋愛