不倫相手に会いたいと思わせる7つの「しない」テクニック

Saras編集部
公開, 更新 , 不倫

「不倫相手に会いたいけれど男性から会いたいという連絡が来ない…」そんなときは、こちらから会いたいと思わせる必要があります。7つの「しない」テクニックをマスターすれば、自然と不倫相手の男性の方から会いたいと言ってくれるようになるでしょう。

今回紹介するのは、会っているときでも会っていないときでも実践できるテクニック。できそうだと思ったものから実践してみましょう。

不倫相手に会いたくなってしまう理由

不倫していると、特に相手の考えていることが分からなくて不安になりがち。相手のことがわからない不安から会えない寂しさが膨らみ、普通の恋愛とは別の会いたさが募ってしまいます。

また、不倫は男性側に主導権があることが多く、そうなると相手の都合に振り回されることが多いです。それによって自分が本当にしたいことができないストレスや、周囲の人たちの恋愛模様を羨ましく思ってしまう気持ちが溜まったさきに、会いたい気持ちが生まれてしまうのです。

7つの「しない」テクニック

会いたいと思っても、自分からしつこく連絡するのは逆効果。相手の方から会いたいと思ってもらうことがポイント。会いたいと思わせることは、言い換えれば相手にとって「一緒にいてラクだ」と思わせるということ。そのために、以下の「◯◯しない」というテクニックが効果的です。

1. 電話やメール、LINEを自分からしない

電話やメール、LINEで連絡を催促するのは、不倫には不向き。不倫の証拠にもなりやすくなってしまいます。男性は、頻繁には連絡をとれないということを理解してくれるような女性と不倫関係を続けたいと思っている場合がほとんど。

また、あなたから連絡をしないことで相手にヤキモチを妬かせることができます。あなたから連絡が来ないことで不安になった男性から、連絡がくるようになるでしょう。あなたからの頻繁な連絡を控えることで、男性に追わせることができるはず。

2. 要求や約束はしない

追えば去るという言葉があるように、求めすぎると相手は引いてしまます。健気な女性こそ、男性にまた会いたいと思わせるのです。そのため、女性側から「今日会える?」「〇日空けておいて」とグイグイ求めたり、約束を取り付けようとするのは逆効果。

できるだけ相手の都合に合わせる、2人で話し合って日程を決めるなど、あなた1人が要望を押し付けないようにしましょう。何も求めない女性こそ、都合の良い女性で不倫に向いているでしょう。

3. 感謝やお礼の言葉を忘れない

相手の自尊心を高めるために、何かしてもらった際には感謝やお礼の言葉を言いましょう。というのも、不倫をする男性は家庭生活で夫婦仲が冷えている場合が多いからです。

家事や育児に忙しい妻は、忙しさから甘えたりすることもなくなり、場合によっては感謝やお礼の言葉を言わなくなってしまう傾向があるようです。そのため、甘えてくれたり感謝やお礼の言葉を言ってくれる女性と不倫関係を求めたりします。

4. 必要以上のお金は使わせない

高価なプレゼントをねだったり、必要以上にお金のかかるようなことは避けましょう。もちろん、女性にお金を払わせたくないという価値観の男性も多いです。

しかし、あまりに頻繁に高額なお金を使わせてしまうと、その使い方次第では周囲にバレてしまう場合もあります。ご飯やホテル代を多少奢ってもらうくらいならばいいですが、それが毎回になるのは避けましょう。

5. 相手の家族の話は聞かない

相手から話し始める場合はさておき、あなたから相手の家族の話を聞き出すことはしないようにしましょう。相手からすると、会っているときこそ忘れたい家族の話を催促されたらあまりいい気持ちにはなりません。

また、自分の中の嫉妬心やマイナスの感情を改めて知ることになります。お互いにとって知らないほうがいいことは聞かないようにするのがベスト。

6. 駆け引きを忘れない

いつもわがままを言わない女性が、少しだけすねる態度や寂しさを表す表情に男性はキュンときて思わず「会いたい」と思わせます。駆け引きによって相手の心を揺さぶりましょう。

普段何ひとつ求めないような女性だからこそ、すねる態度が心を打ちます。もちろん、毎回すねていれば、ただのワガママになってしまいますし、不倫したいとも思いません。男性は、たまに見せるギャップに愛らしさを感じるでしょう。

7. 2人の将来について話さない

割り切った関係性であっても、ついつい考えてしまうかもしれない2人の未来ですが、できるだけ将来については話題にしないようにしましょう。

話の流れとして「結婚しよう」と言われても、現実問題として一緒になるためにはさまざまな問題を一つ一つ解消していかなければなりません。本気で一緒になることを考えているならば避けては通れないかもしれませんが、そうではない場合は話題にしないほうが吉です。

まとめ

不倫は一度ばれてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。

社内で不倫をすると、最悪の場合仕事を辞めなければいけないケースも出できてしまうでしょう。また相手側の奥さんから巨額の慰謝料を請求されることもあり、不倫はあまりおすすめできるものではありません。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

[私の不倫体験談~Vol.7]超平凡スペックの私が6年間三股してた話:普通な女ほど裏があるのは本当っぽい

<div style="background:#f...

2019年07月23日, 不倫

不倫・浮気の慰謝料と時効:3年以内であれば請求可能

配偶者に不倫をされたとき、証拠が揃えば慰謝料を請求...

2019年07月23日, 不倫

警察官の浮気事情:口実を作りやすいため要注意

正義感に溢れ、弱い人や困っている人を助ける頼もしい...

2019年07月23日, 不倫